スキップしてメイン コンテンツに移動

長い旅だったけれども,やがては太宰に還る。

太宰氏は川端翁にモノ申す。『千葉さな子は,井伏鱒二氏のようで,
むしろ,乾退助の立原道造だろう。いいや,必ず,そうあってほしい』
稲荷神の稲田姫と被らせて,彼女は千葉さなであろうとゆう,異論には
達しない程ではあったのだが,稲荷ずしを摘みつつ珈琲豆乳は如何な
ものか,と首をかしげながらはかどらない運筆を,そうして雪景色に
色づくあの赤い実にリンゴパイを訪ねて頂きたいとゆう。童謡牧歌な
堀辰雄氏にいたって,立原君のコノハナサクヤであろうとゆうことに
ついても,はなはだ同感である。三島文学はニニギであろうとゆうことに
むしろ共感するより,トビナガスネヒコであるように太宰氏は呻吟する。
LONDON ONEのスサノオ(ニギハヤヒ)漱石山人に常に瞠目されては
弥山に登る弘法大師の心地をして,さあ登り切ったところに富岳百景の
朗読など待っていようものか?不可思議ながら,雪国の朗読は用意されては
いるものの太宰文学はヒューマニズムに適う分にあまり朗読にまで手の伸びる
代物ではないような,そんな慇懃な情感を彷彿として,さあ雪被る山を見つめて
珈琲の一杯でも啜りだす,そんな透明な冬に一瞥するのだった。珈琲の一杯は,
”挽き立て,淹れたて,甘い水で”とは言いつつ,もうブラックで,烏龍茶割りを
ずいぶんと前より試みている,その濃い味は堪らない。むしろ,ウーロンドリップ。
昼寝の過ぎた夜には,アルコールよりも濃い珈琲をして,眠りに就くのだ。

太宰のヒューマニズムは甘い水のしたたる天然無頓着の心地をして,本当に甘い。
ようやくこの甘味にまで帰ってこられた。夕日に耀く漆黒の珈琲一杯を目の前にして
さあどこやら,ひょっとこの鳴らす太鼓の風は乗せてくる縁日のどこ吹く風も今日には
暖かい。ひょっとこひょっとこ,どこ吹く風とは,暖かい。グラウンディングする,あの
太宰の甘い温風に。定着し,グラウンディングし,甘い滴を,苦汁一滴になるまで堪能し
苦しみは,依存より産まれるものより,自立心より起こってくること間違いない事の由。
自然相応には,雪国の朗読を携えて歩く心地。これは,やはり川端翁の実力の計り知れず
大器とは,その寒風にも屹然と聳え立つあの雪山の風光明媚な颯爽と吹き荒ぶ嵐にも雪山
の,そんな大器晩成とは言いつつ,それは歴史蒼然と佇まい正してのこってゆく本当の美
である。からには,ヒューマニズムより,哀切の,また。情熱愛情よりも,天然自然の,
あの大器晩成する無頓着相応の美学。もちろん,どこ吹く風の<飄々として哀切とした,
剽窃されて漂泊する自我>の象徴のような美学が世を征するの内,世の中この世は安泰で
ヒューマニズムは鯉のように,昇っては揺蕩うこの春ののどかな風には,識別される冬の
凍てついた池の氷まで。いかに井伏氏に叱咤されようとも,千葉さなの好奇に比して格別
愛嬌を感じるのなら,何事も龍馬に大人しく人の着いて行く心持の良しあしなどは,また
別の問題で運筆の悪い太宰氏のヒューマニズムに至って,このままで良いものが描けると
頷く一方の信頼も想像に値する。冬の日の甘いヒューマニズム。この太宰文学の余韻は。

深夜夜半,もう一杯の珈琲を,と試みる。苦汁一滴,にがみの本当に美味いと思われる,
その一滴は,ウーロンドリップによる,また挽き立て,さらにエコフィルターで,濾過の
粗い目で淹れていることに由来するのかもしれない。挽き立てとは言っても,ステンレス
フィルターの,粗目の濾過で起こすドリップには,もちろんのこと荒挽きで,そんな感じ
で良いものと思われるのだけれど,寒風は山肌により強く当たるのだろうとは感じられて
その寒風でさらに温まれる必須にこの一杯を培おう。こうして,山肌に当った珈琲の一杯
の実に苦いとゆう現象の現われてくるこの一歩手前にはやがてありふれた静けさの始まり
まずは歯磨きをして,奥さんに毛布を掛け直して,自分はまだ起きたりないのだ,とゆう
そのステップを踏む,この一歩一歩の階段をのぼるこの,このワンステップ。わるいが,
名を何と言った?いいや,太宰龍馬である。致し方ないが,もう一杯。もう,眠る前には
こんな妄想で十分である。ひたすらに,冷えてくる夜半には,もうすぐステップアップの
予兆を垣間見る,炬燵の階梯音譜。また,ブランケットの半ば折り畳まれたコンパクトな
ゆるい流動低音,すべては温かく,そうしてこのステップに跳び乗る階梯音譜の流動低音
をさあ,乗り過ごすことなく,太宰龍馬氏に逢えたのだから夢に滑り込もう。珈琲はさあ
その一杯は夢の如し。

深夜夜半,もう一杯の珈琲を,と試みる。苦汁一滴,にがみの本当に美味いと思われる,
その一滴は,ウーロンドリップによる,また挽き立て,さらにエコフィルターで,濾過の
粗い目で淹れていることに由来するのかもしれない。挽き立てとは言っても,ステンレス
フィルターの,粗目の濾過で起こすドリップには,もちろんのこと荒挽きで,そんな感じ
で良いものと思われるのだけれど,寒風は山肌により強く当たるのだろうとは感じられて
その寒風でさらに温まれる必須にこの一杯を培おう。こうして,山肌に当った珈琲の一杯
の実に苦いとゆう現象の現われてくるこの一歩手前にはやがてありふれた静けさの始まり
まずは歯磨きをして,奥さんに毛布を掛け直して,自分はまだ起きたりないのだ,とゆう
そのステップを踏む,この一歩一歩の階段をのぼるこの,このワンステップ。

言葉の珈琲,とゆうのもあるかも知れない。なぜだか描くだけでロゴスによるドリップも
あるのかもしれない。ウーロンドリップをロゴスドリップにして,さらには,眠る前に
いただくトイレ間近の一杯よりも,それを想定して苦汁一滴を再現するイマジネーション
の珈琲もあっていいのかもしれない。ウーロン・ロゴス・イマジネーション。こんなまた
珈琲に一杯のドリップする言葉の余韻は,さらには発展して啜りだす,寝息のスタートに
よってつぎつぎ滴下されてゆくだろう,とは運筆の遅い太宰氏を見習っての,かの文豪は
富士の茶屋で何を呑んで防寒していたのだろう,とは思うのだった。





こちらは如何?

とにかくもパンダの真似をして遣りすごす,カレー屋さんでの一時。

白黒の隈を着けて,いつもよりも浅煎りの珈琲豆を一杯のお代わりを 受けて,淹れなおす。家の台所は,さながらカレー屋さん気取りの, とにかくもパンダの真似をして遣りすごす,カレー屋さんでの一時。 とにかくもゴッコ気取りで楽しみながら遣りすごす,台所での一時。 ダサいと言っては,何だけれど,バランスの好いのはそうゆうことだ。 そうして,そうゆうダサさをこそ,落ち着いているとして好む,そんな 白と黒を半分ずつ割って入れるようにして,豆乳オーレにして頂く珈琲は, 真皮に黒を抱きながら,表面きっての自分自身は,笑顔で白を通す,その 面白さは微笑みより訪れるので,にっこり気持ちは構えて,ダサさを通す。 それでしか淹れられない,なかなか浅煎りは,カフェオーレでしか入らない。
追及しては,戻ってくるのは番犬や番猫で,何だよとゆうばかり,番猫なら 招き猫みたいにスレンダーな物腰で,いいやスレンダーではないか,でも。 多分,何にもいないのだから,彼らにとって,虫の知らせは,いわゆる枯れ尾花 であって,そのざわめきや囁きのようにして聴こえる,彼らにとっては雑貨店。 トフィーのような濃厚な滑り出しで,カフェオレに合わせながら眺める,こんな 洋菓子店をめぐるように猫などの物腰の豊かさを側に置いて,ぼくは先日のあの ロイヤルウェディングの様子を想いだす。白馬のリードしている子の,ちょっと 荒れているのには,繁華街に急に放り込まれた武士のようなイメージで,そりゃあ 興奮し,混乱もなさるでしょう?とは,そればかり心配してはいなくても,やっぱり パレードの壮大さは計り知れない。ダイナミックであり,本当に生命力学的にもっとも ハラハラもし,手に汗握る。この悠長にはPCの前に座りながら,安堵して,折り畳む。

基本的にはまた紅茶とキャラメルを合わせる感じで良いと思うのだった。ちょっとした
あの渋味と,焦げているような甘味のあいだで,切なさと勇気を半分ずつにおおげさに
振る舞っている。週末を終えて,家族サービスとゆう毎度のほどでもないのだけれど,
毎日に平日のスタートを切る僕にとっては火曜日。風邪を引いてると体力よりも果敢に
すすめないのでこうゆう話題になっているけれど,それも治った後の話として,本当に
スタートを切られることに,爽やかな活発さをさえ抱いている,早速まだ沸かしたてで
すこし温湯のお茶を頂い…

憑依するとゆう言葉には,入り神級と創作ウォークイン。トリップなど様々

前世ゲームとは言え,嵌入しきって書物の渉猟をすることは,最も
アクティブな瞬間で,それはインナーに居て,集中度の高まる体験。
憑依するとゆう言葉には,入り神級と創作ウォークイン。トリップなど
様々あるけれど,それは研究意欲としてそうなのであって,きっと以て
どれでも良いはずの日常と,外側の経験則のなかでは処世術としては
仲介されえない範囲の事柄ではある。なので,運筆とゆう詩性に向かって
コンスタントに埋没しきることのなかにも夕暮れ時に適うような,そんな
”前世”=書物文化のあって良いはずだ。転生とゆうことは,それほどまでに
コンセントレーションの中に含まれていて,一種の隠喩のようにそこにある。
それで,いま没我した自分は転生している,うん。それで良いじゃないのか?
例えば,自意識のうちで,第一に身体を漱石山人より,次に生命力を太宰さんに
三番目には意識的に明るさを芥川氏より頂き,個我みたいなモノは三島文学より。
僕の竜退治のミカエルは彫刻家のロダン=文学にF.ラブレー=透視にスウェーデンボリと
言った大家より受け賜って,ジヨットのイコンにおける精神性において開花する。など
ここまで自意識的に説明したところで,それらは”前世”とは関連のないことではある。
集中力に謎解きの扉を開く鍵のあることを知悉して,ようやく,眠りに就けそうである。
渾然一体となってファンタジーは,一度死に,二度目に産まれる魂に対して,何らかの
ギフトを与える。集中力によって,ソウルは再び現れた記念として,”前世”の贈り物を
授かるのだった。そうやってゆこう。黄昏に,贈り物としての言葉を貰うようにして,
やっぱり夕餉の匂いは良いモノである。そこかしこに湯気の上がって,昔はさながらの
薪のくべられた薫りなど漂っていたろう。こうやって,時代は溯られれば,魂のうちに
何らかの,記憶=ファンタジーを得ることのできるはず。

急に,突然の報せのように,白い聖母信仰のほうへ寄りかかって行きそうな気さえして。
夕餉の匂いにのせられて,それらは,ふわりふわり声明を携えて近づいてくる。夕暮れに
不可思議な想いを感じ取らせながら。この白い芳香は何処から遣って来て,今さらながら
ついにこの辺りまで,ついの最近までは,いったい何処に居られたのでしょうくらいの,
何だか不可思議にふわりふわりと感じられる香りなのであった。良い…

季節を描写するのみで良い,そんな甘露の雨粒と,上がった後の煙。

人文的な要素のないと言葉の発想も浮かんではこないもので,なおさら まだまだメモしておきたいことのありそうで,けれども,もうこんなにも 季節を描写するのみで良い,そんな甘露の雨粒と,上がった後の煙。雨煙に 合わせて,ヒーリングのアロマ・ミュージックなる分厚い音楽を掛けながら そのブランケットにくるまれて温かい心持ちをして,人文的より,また素描。 ああいう荒野にそっくり掘り込まれた教会遺跡群などは,もうイニシエートの それら現代のクラブシーンだったのだろうか?僕はその際,家で,お茶を啜る あのインナースタイルの静かなもんだったろう。なんて,基本的に動くとゆうか 家の中を満たすひとつの酵素で生きていたい。生活の匂いは,家の樹々の香り。 肉食には,昔の突っかかりを感じて,なかなか馴染めないけれど,元気は出る。 美味しさに賦活されて,文化的に色々楽しめることを良しとしては,けれども 今となっては,雨に巻かれてウッディな温もりに浸透されることの,浄福なので。

咳や熱風邪も,一度肺炎になった?と感じ始めたところで,一気にスノーマンの 夢を見て瓦解するように退けて行った。その余韻に燻製チップのような薫香の, ハートあたりに漂って,それはまた幸せな健全さの回復を予想させるので,納得。 燻製や北国のイメージは,やがてその厚くなった肺や気管の様子を想像させて, それでロマネスクなのだった。北国は,やがて魔の山も克服して,こうして篤く 人のこころを暖めてくれる。けれど,だからといって,こうゆう時に何かお肉食を 試みたくなる。本当に,篤い人生を効果的に造りだしたいのだ。むしろ,厚く強く。 豚肉の小間切れを,醤油麹とみりんで,お酒を加えながら,すこし甘味噌など足して 玉ねぎ,白ネギと共に炒めてみたのだった。奥さんは仮眠中なので,起こして頂ける ような料理だとは思えないので,ソファの近く,炊き込みご飯を解凍したのと,側で 摘んでいた。明日は英国のロイヤルウェディングだと,ニュースでしていて,思わず 感涙してしまい,僕も不可思議ながら,少しく傷付いた思春期に,感情移入しては, いかばかりか砕けた心持で経過を感じていたので,何だか,ホッとして,うるっと。

すべてお肉食で感情までも呑み込んで,取込んでしまえたらそれで良いのだけれど,
切なさや,哀しさ。鎮魂の想いまでは,そんなに簡単に解消していったり…