スキップしてメイン コンテンツに移動

ジェイムズ・ジョイスと織田信長,例えば。

境域に守護者あれば,”自由の牢獄”の番人の居る。そう。
ジェイムズ・ジョイスと織田信長,例えば。思い返すと,
抽象的に何かの,肖像を描こうと思えば,いつも,ジョイス。
”この世”の番人は,堀辰雄=織田信長=平清盛による,牢獄の
世の中なのだ,と。ジョイスと信長,なんて,ロマネスク。こう。
隣の部屋よりの寝息に聴き入れば何とゆう,ヒーリング・ポーション。
ジョイスの名文を朗読された,ムービー・ローディングな音楽を,この
不思議な,なんて不思議な夜のひと時に聞いている。もう,済んだのだ。
済んだ?信長の弔いは何故以て,僕の意味があるかは解らないけれど。
もう,済んだのだ。何故,信長の弔いは終わったのか?よく解らずにも。
今川義元=太宰治=九郎義経の気持になって,ロマネスクな夜。こうして,
ばたり,と倒れた”時代の夜”は過ぎ去ってゆく。こうやって,芥川氏を更に,
殊更に,東照宮家康=芥川氏=源頼朝の,あの女神のようなアマテラスの耀き
にも,以て似て非ならず,源氏と平氏の,芥川氏=太宰治=堀辰雄さんの,
このロマネスクな三角関係に想いを馳せる。点滅する平氏ボタル,明滅の源氏。

馬鹿にして,モノの調子よく語っているような。不謹慎な格好で,また,そう。
弔いの終わったのだ。事は済んだのだ。こう言っては,ジョイスの名文を朗読された,
ムービー・ローディングな音楽を,この不思議な,なんて不思議な夜のひと時に
聞いている。もう,済んだのだ。

ジョイスの気長に追及めいた探究を繰り返してゆこうと,もう活字離れして,この
実吉捷郎・訳のトーマス・マンしか読まなかった昨今,ただ,名訳との出逢い,これを
しか,求めなくなっている。こうやって,活字における,人生の秋のような気分は過ぎ,
活字はヒグラシを鳴らし,ダブリンなアイリッシュな響きをして,もっと耀け,と。

信長KINGと,ジョイス・ガーディアンの響きに,しかしながら,活字の秋は過ぎ,
もうすぐ,高天原の世界は,冬に嵌り込もうとしている。セガンティーニの冬,また。
やかまし村の,ムーミン谷の,ごたごた荘の冬。信長の力持ちも,ジョイスの弁舌豊かな
発想も,ピッピには適わないし,屋根板いちまい瓦を使わないムーミン谷にだって,彼の
技術は持ちこたえない,子供たちの愉快な騒ぎ立てる声も,老成された聖者には,もう,
適わないものだろう。

秋が済んだ,冬が来て,そんな気分のするロマネスクな夜には,記憶も甦って,あの,
不思議な高天原の笑いも,済んだあとにはしんしん,と雪景色。

こんな,不可思議に薄墨を落す様を,世情は遣来って涙を落す,また,寒椿の雪被りの
ように,深紅の『それから』の初まりのように,あの白い重さで覆いかぶさりながら,
ぼと,と血脈を浄化して頂けるような,あの弔いの紅白をまた,待ち侘びながら,きっと
哀しみや決意は,祝い事のように,浄化してゆける。
ジェイムズ・ジョイスと織田信長,例えば。

こちらは如何?

KARMA SPRINGとゆう、LONDON ONEの書類群。

腸がつまる、など。必然的な兆候を含む、現代のシンドロームには業の湯浴み、として。沢山の娯楽をエンターテイメントのように軽く、 楽しめるかとゆう、趣味の時間を1分2分。どうしようか? ほんとうに湯舟に浸かれる瞬間は、ご褒美だけれど、郵便物を 受け取るための深夜窓口も、寒くって伺う気にはならない。
疲れている?いいや、眠たいのはいちばんのご褒美で、またあの 思考を放棄する瞬間にこそ、曖昧で朦朧とした意識の、それは、 諦念する、問題も、なにもかもなくしてしまわれるのだから、 業の問題を考えるにしても、その問題をこそ、考える理由にこそ、 思考をなくしてしまえる瞬間に、解決されるとゆう、自己回帰。
スムーズに、ヨーグルトのプレーンを朝食に、必然的にも トーストの欲しくなるのは不可思議以上の不思議な事で、 思考し過ぎる事かあ、趣味と言えば趣味らしいモノだろうけれど 逆に、その時期を通りすぎれば、遺産として、KARMA SPRINGとゆう あの書類群の、ギフトだったのだな、ギフトだったのだ。 LONDON ONEとゆう、思考の山人による、最高の贈り物。
篤姫や、真田丸のあとには、足利学校のテーマなどみられる のでは、など、そんな、太陽悪魔や、オロチ伝説の、赤猪岩受難の、 岩戸伝説や、岩窟の聖母像と重ねて、ヒトの受難は、獣神化する道程を 経て、進む。確実な過程として、行程は、目的地の、アマテラスへ。 太陽の夜明けに繋がるのは、そんな、獣神の角と眼の筋の取られて ヒトよりも人らしい、そのグラウンドダウンしてゆく人間性の、 これは、地味に滋味栄養のある、豊富な、例えば、あの古い語の 富国強兵論なども、こうした、筋肉質な糖質制限や、あるいはまた 腸の詰まりは、富国強兵に、カルマ・クリーニングを一跳びして パクチーのコンソメスープなどを啜る朝に、やはりあの、 トーストを欲しくなる、都市街の朝食風景は、ループする。あんな ループする朝食を求めて、世界は廻り続けているとしたら、 このグラウンディング指向も、また、おんなじ様に、新年のお雑煮を、 頂けそうな、そんな年末のグツグツ、カマドは周るのである。

跳び込んで、さては越えてゆこう、あの倫敦の壁。

反射式灯油ストーブとゆう、電池が2本あれば着火して、延々と火が灯して居続けられるとゆう、あの暖かい暖房器具に換えて、 けれども、いくら火が自慢してきたって、この寒さにはギャップの ありすぎて、孤高の熱源とさえ言える。そうとも思えなくない。 例えば、こんな夜に、ジョナサン・スウィフトのガリバー旅行記や、 ジェイムズ・ジョイスの、ダブリナーズや、ブルネルの蒸気機関の、 あのシラノドベルジュラックの引いては切なさとゆうものへ。 たどり着いては、首を振る。僕の、ポートレイト?これは、いや。 むしろ、地底のレストランへの入店チケットに違いない。 ペイパーバックライターのイントロを奏でながら、いらっしゃい!と。
そんな中で、また別の系譜へと、この流れでして、目をやると、 ジョンのピースプレイトと、プルーストの時のない、そんな エル・グレコの静止画と、フェルメールの祈りのない静止画と、 そうして、カスパーダーヴィドフリードリヒの動画のような、 祈りを、静止画と動画に織り交ぜて平和を祈った、ダンテの あの、天国と地獄には、とにもかくにも、動きの中の静けさ。
大晦日を迎えられたのは、身体に感謝とはいえ、なぜかしらの 糖分がすべて抜けたかのように、フニャっとしてしまったので 何かしら食べていようと、寝正月とお正月料理を拝借する。 魚卵は、女性ホルモンにて情緒安定し、かまぼこ、お餅などは 練り上げる消化力を推し進める。とにもかくにも年末から三が日は ほんとうに終わりと始まりをないまぜにして、全然のとやかくゆう、 あのサナギの産褥の時期である。もう、ほんとうに生まれ変わって 蝶に羽ばたくこと、はばしく麗しやかに、その飛翔は、まるで
カルマクリーニングをひとっ跳びして、掻き削がれたオーラの 全体性の発露とはかくゆうこんな、絶対的に阻まれた主観性だ。 何かが、1年の糖分のあまさとして、大晦日の業火に灰と化し、 新年の三が日はとにかく、食べて寝て、練り上げて、寝て。 そうして、思考知性の小さなままの、不死鳥のヒナまでが、何か 新しいスタートのしるべのようにして、現れてくる。そんな、 切なさではいられない。けれども、業火には、もう絶やされない。 すべての出逢いと別れは、一新され、そうして、知性の発現している この、小さな飛翔体によって、希望を持ち抱きながら、すすむ。
こんな、混沌とした新年には、もうすぐ、何か道しるべを掴める。 といって、希望を持ち抱きながら、…