スキップしてメイン コンテンツに移動

太陽サロン。

岡本太郎,太陽の塔,広島現代美術館の明日の神話原画,そして
芸術大学の,グノーシス主義的『泉の不思議』森と泉の香り。
ギャラリーで,TARO OKAMOTOのオベリスク彫刻作品をみて,
何故か取りつかれていたようだ。彼の中のピカソ,フィレンツェの
円屋根の記憶,寺田本家の生原酒を頂いて,わき腹に来ない,その,
表情の熱くなって,自然治癒力の快復するような,そんな心地に,
龍馬の先鋭,LONDON ONE,九郎義経のハイ・ロマネスク。
太陽サロン,RED HOUSE,ROLL ROLLER HOUSE,GOETHEANUMの
メタファーを目指して,自宅をアストラの館,生命神秘の館に。この,
好趣味のように感じる,自宅変革『終わらない家』の構想計画。
外交政策に”喜び”のスパイスが必ずしも要るように,歓喜の歌から,
自由の賛歌,Freiheitの暗喩瞑想,タイスの宝箱にみるように,ほんとに
寺田本家の生原酒に平和実現のハイ・ロマネスクをみる。集合意識の
自分が変われば世界の変る,これが”幸せ”である,根本的にそうである,
根本的な酵素質改革の中に平和思想のあるような気のして,平凡の,
平凡=HEAVEN,直太朗氏の『平凡ぶる~す』の白眉一点,見事なメタファー。

民族博物館の,メタファー。民藝には,柳宗悦氏と,津和野,大山崎山荘の
島根斐川の出西作陶窯に到るまでの民藝ぶる~すは常にTARO OKAMOTOの,
原色の極彩色絵画との調合を試みて,相応する相対応するそのMINGEIismの
あの源流は,上島鬼貫の俳諧や,小林一茶=漱石山人,千利休の立茶の
そんな,明治文明開化の和洋折衷。僕は,勝海舟の邸宅のそうであったように,
洋椅子,立机を,畳のじゅうたんを敷いて,まさにハイ・ロマネスク・和洋折衷に
みせる,あのシッポク饅頭や,豚の角煮や,ぼっけや,くぎ煮などの発展には
さらに,オランダ坂のクジラのヒゲ耳かきのガラス細工と似て,軽井沢にみる,
あの堀辰雄文学(”ロマネスク”は,まさに氏の専売特許であるから,)山小屋に
湧水の水辺を畔に,名水珈琲など頂いて,

江戸前の東京湾に,近江の琵琶湖川水,
京都に川床料理,ウナギの土用より,シジミ汁。肉に赤汁(ワイン),ハイ・ロマネスクの,
霧の野ばらから,湧水の泉の不思議には,コニャック=ブラック・コーヒー,酩酊ではなく,
目覚めのための,哲学なのだ,酵素質の盛んに摂られるそんな生原酒を頂きながら,顔の
カーッとあつくなる,そうして,自然治癒力の結びに,自然の湧水などの酵素質の,川床の
グルメの文化ジャンル,京都はイイナァ,魔の山の大山崎山荘の被さってハイ・ロマネスク。
ゴーギャンの切り絵を,M・ヴラマンクの雪道雪景絵画には,ヘッセの水彩画にクレーの天使,
すべて退廃(デカダンス)=明るさ(ポップス)の供にある,とゆう敬愛する中村一義氏の
あの弁証法的存在論,ヘーゲル=ハイデガーのエルンスト・ブロッホに昇華するような,そんな
哲学に鑑みては,独白する酔い覚めの自然治癒的平和指向の,和洋折衷=ハイ・ロマネスクの
湧水非加熱業飲にみるアストラル・トラベルな薄明の夢うつつを迎える朝に。


こちらは如何?

執筆作道今昔,

”前世ゲーム=書物の渉猟文化”を常日頃大事にしているのだけれど それは嗜好するロマネスク思考とでもゆうべき何かの抒情的な何か であって,少し醒めた感はあるにせよ,実際きょうの読書がなにに なるにせよ,その択ばれた心の読み物にとっては執筆作道今昔。なべて, ひたすらひとところにそれらは,浪漫抒情的な何か,となる。梅肉を, ひたすらに酵素造りをしてのこった梅肉をかじっては捨て,かじっては すこしホロ酔いしていたようだ。少し落ち着いては来たものの,その件の ”前世ゲーム=書物の渉猟文化”を,朝市に出掛けて,休日をたのしもう。
などと,言葉にして浮かべてみては,そんなに身体も動くものでもない, 都市的な生き方は,考え方でもって,本当に町屋意識で精緻なものの見方。 ”認識の限界まで励み挑もう。”そんな”ロマネスク”より少し離れた,その中を 追及しては探究して追い求めたさきに,やっぱり”普通の頑強な判断”だ。 夢のあるから,ロマネスクだ。ロマネスクの夢の先には,頑強な判断力なので
健全さは,残るだろう。都市的な生き方は,考え方でもって,
本当に町屋意識で精緻なものの見方。だから,いっそのこと定式で常識の,
その判断力の強さに浸ってしまおう。ホロ酔いしてから,そう想うのは,
ひたすらな冷泉浴にも怠けてしまったあの感性に,一言置いて”よかったね。”
呟いて投げかけてみては,”夢から醒めたのだ。”そう気づいて,やっぱり,

太宰は聖武天皇的な何かで,サルトルは聖ベネディクトだったりもして,だから そうして,そんな夢より醒めて一言,”つまらなくはないけれど,判断力。”って, あなごめしと,うな重の比較を頭に浮かべながら,批判はもうしない,しないけど 好き嫌いは必ずするだろう,そんな気概を感じては執筆作道今昔,意のままに 想いを連ねる,そんな不可解さのこもった狙いを狙い付けて,さあ遣って来いって 何を獲物にしようか迷っている。優柔不断な物書ハンター。あるいは,また。
”前世ゲーム=書物の渉猟文化”を常日頃大事にしているのだけれど それは嗜好するロマネスク思考とでもゆうべき何かの抒情的な何か であって,少し醒めた感はあるにせよ,実際きょうの読書がなにに なるにせよ,その択ばれた心の読み物にとっては執筆作道今昔。なべて, ひたすらひとところにそれらは,浪漫抒情的な何か,となる。梅肉を, ひたすらに酵素造りをしてのこった梅肉をかじっては捨て,かじって…

熱する=時間扇。

熱するとゆうのは,果物が完熟に向かう,ボイルする 沸騰する湯沸かしに,時間は十倍速に進む。そうして, アンチエイジングとは,抗酸化とゆうの解る気のする。 だから,夏は,時間の進むのが全時間的に環境的に, ずっと早く廻っているのだ。何故?なぜ全時間的に, 環境は時計の針を早く進める,必然の速度増す。この, 夏の時間の速さに,もうどうしても驚愕を隠せない。その 時間全体の,地球全体の酸化=老化している。この感慨,
もう早くも,朝ごはんに白菜の漬物と白米。昼ごはんに, 茄子の塩漬けと白米ごはん。繰り返しては,あいだに夢想の アイス・オーレを氷カラ・カラ。たまには動物性蛋白も。 なんて感じながら,オーレに優柔不断のミルクを加えて。 せっせ,せっせ。どうしても,働きたい余裕のある時に。
その余裕のある感情は,あと一息。自分のクリーニングの 佳境なのだ。佳境。良い言葉は,時間の速度を早めるから, もうすぐ,15時のおやつの時には変わらずアイス・オーレと 氷カラ・カラ。鳴らしている自分を想っては,筆を速める。 スラスラ・スーラ。点描画は,スラスラ・スーラ。なんて,
この夏の時間速度に焦点を当てて。果ては,自らの胃腸は, 腸活の極致にあって,7年に一度の細胞入れ替えはこの速度の 中で、始まる。終わる,空調の管理は必須で,その下でも, 容易に氷は解ける,溶ける。熔けてゆく氷の見て実感。 やっぱり,氷みずならぬ,冷泉浴のうちに停まって,体も
熔けてゆく。暑さはごちそう。時間の進みはごちそう。そんな この夏の時間速度に焦点を当てて。スラスラ・スーラ。点描画は, スラスラ・スーラ。『地球会議』なるものに出掛けて,すぐに, 門前払いされるのは時間の進みは早いけれど,創作には遅い,
体の熔けない,アイス・オーレを氷カラ・カラ。繰り返しては, あいだに夢想の,繰り返してる自分のクリーニングの佳境。この 僕自身は身体を冷やして,冷泉浴でも,この夏の過ごし方でも 酸化や,熱する=時間扇にあらがって,まだ果実は堅いのですよ,
そうして,抗酸化を謳っては,
”ボイルする世の中を”
逆廻り時間扇の,左回し珈琲を淹れて,あらがっているのですよ。
茜色の空には もうすぐ,もうすこしのひとさじお砂糖を許して差し上げます。

情と熱と天性栽培。

HystericsとHumanityは同一のもので, TemperatureとHumidityが,水で一致しているように, ヒステリーは,人間性と,”命の源動力”とゆうもので, 一致している。人間には,大地(水)のうちにあって, 熱=気温+湿度の境界線は厳密に引くことは出来ないのだから 「大地の”器”に漱石山人を貰い,三島文学の油粕を肥しにして,  芥川氏の水分を頂いて,太宰の種を淹れる。  この,世界エーテルの育て方に,秘密の鍵を世界エーテル。  一度しか水やりをせず,一度きりの肥しに添えて,一粒の種。  幸せの大地に”天性栽培”の,芽は噴いた。なので,どうしても  遊興に,町屋意識よりの創造を目指して,定式=常識。天女の  また,天馬のたてがみ,揺らしては世界エーテルを振り廻し。」 もうすぐ,夜明けだな。町屋意識まで辿り着けば,あとは”記憶”を 紐解くだけの挨拶回り。
”天性栽培”の叶って芽の噴いたのならば,それはイコールの,以て 世界エーテルとゆう境域をほどいて超えてしまえば,”記憶”の紐解き, 一膳に,自己クリーニングとゆう世界の紐解きに他ならない作業の, 宇宙大に拡がったマクロより,”記憶”像の挨拶回りとゆうミクロ性へ, 移転しては,移行して,移染される,身体の記憶。腺組織とはそうして, 熱中症などと深い関わりのある作用を持っているが,そうしてまた。あの, 腺組織の解除を成功して,試みにそんな事を言っている市井のESSAYは, あのお,腺組織の解除とは?と言われて,いやあ冷房の効いた部屋を, 氷枕をして,水のお風呂に入って,もう万全とゆう奴ですね。など, 口を揃えて,あれは冷やす目的の,ひやかしにすぎない。 なんて,そう言って。帰ってゆくのだ,月の国。そうですね。あのお, の次は必ず,疑問符だとおもっていたのだけれどもそれはそうとしても。 世界エーテルの解除,って言ってもよいのだった。それは,腺組織の, とゆう世界エーテルの解除。空調の自分の部屋に戻って,”記憶”の挨拶回り。 もう,口々に”よろしく。”と言って,回るので,良い加減に,世界の紐解き。
「遊興に,町屋意識よりの創造を目指して,定式=常識。天女の  また,天馬のたてがみ,揺らしては世界エーテルを振り廻し。」
俗っぽく言うつもりはないのだけれど,”記憶”の紐解きは,そんなに関心を 惹くなどと,…