スキップしてメイン コンテンツに移動

芸術の自然美へ,

エゴのリズムへ向かう,習慣の方へ,芸術の自然美へ,自我を開放してみて思う,眠るには忘れることだ。自然美は,酵素質のエネルギー。もちろん,いただく際には灰汁を抜いて,シロップや,陽光,風化するまでの岩塩などに漬けて食に供す。

食べることにばかり,執着する訳じゃないけど。一気,犠牲思考へと向かう,開放の思弁は,もうすぐ,そうやってすすむ論理哲学の夜明けまで。なんだか無我指向の裡には酵素質の青汁の味のような知性の潜んでる。

ここまで来れば,大丈夫だ。左へ,左へ行って下さい。R.シュタイナーの大戦前に遺した言葉に,再び葉緑酵素への黎明を尋ねて,阿呆だ,阿呆への道しかない,そうボヤいては風のそよぎの誘いに耳をそばだてる。本当に,緑の中心は,空っぽだ。あんなに真緑の樹の幹の中には根より水の通りみち。

嵐の中には眼があるように,グリーンのさなかに無我の境のあるように,考えすぎた痕を残さないように,思考はやがて解禁されて観察され,空っぽになるまで,シロップ,陽光,岩塩などに漬けられて栄養化される。

搾りたての青汁を飲んでのこす言葉はない。阿呆になって,喋る伝言も持たない。思考の本質が,天に返って,黄泉還り,再び考えだすのは解ってる。けれど,いまはエンドウごはんのように,緑の豆をがんじがんじ摘むように。緑は死の色。彼の哲人は言ったろうが,墓の色よりむしろ,果肉へ変貌させる種子へのプロセスを辿る夏日のエッキスだと思いたい。

死には,変貌への先触れ。精神の死のまた色の死の命の詩の。知性への憧れではなかった,そう弁解したい。生命への憧れでも,詩人の声にそうありたいと思っていたのでも,なかったのだけれど,本当に先はみえない。

命の詩には,何の結実する行末をみてとれる?それは,次の声につながる?情緒へ結び付くのか,ただ,本質のみえる一瞬を,Groundingと呼んでは,フクロウの夜鳴き耳にして,本質のみえる時には活きなければならない平坦の道は,Groundingした平坦の道は。


こちらは如何?

執筆作道今昔,

”前世ゲーム=書物の渉猟文化”を常日頃大事にしているのだけれど それは嗜好するロマネスク思考とでもゆうべき何かの抒情的な何か であって,少し醒めた感はあるにせよ,実際きょうの読書がなにに なるにせよ,その択ばれた心の読み物にとっては執筆作道今昔。なべて, ひたすらひとところにそれらは,浪漫抒情的な何か,となる。梅肉を, ひたすらに酵素造りをしてのこった梅肉をかじっては捨て,かじっては すこしホロ酔いしていたようだ。少し落ち着いては来たものの,その件の ”前世ゲーム=書物の渉猟文化”を,朝市に出掛けて,休日をたのしもう。
などと,言葉にして浮かべてみては,そんなに身体も動くものでもない, 都市的な生き方は,考え方でもって,本当に町屋意識で精緻なものの見方。 ”認識の限界まで励み挑もう。”そんな”ロマネスク”より少し離れた,その中を 追及しては探究して追い求めたさきに,やっぱり”普通の頑強な判断”だ。 夢のあるから,ロマネスクだ。ロマネスクの夢の先には,頑強な判断力なので
健全さは,残るだろう。都市的な生き方は,考え方でもって,
本当に町屋意識で精緻なものの見方。だから,いっそのこと定式で常識の,
その判断力の強さに浸ってしまおう。ホロ酔いしてから,そう想うのは,
ひたすらな冷泉浴にも怠けてしまったあの感性に,一言置いて”よかったね。”
呟いて投げかけてみては,”夢から醒めたのだ。”そう気づいて,やっぱり,

太宰は聖武天皇的な何かで,サルトルは聖ベネディクトだったりもして,だから そうして,そんな夢より醒めて一言,”つまらなくはないけれど,判断力。”って, あなごめしと,うな重の比較を頭に浮かべながら,批判はもうしない,しないけど 好き嫌いは必ずするだろう,そんな気概を感じては執筆作道今昔,意のままに 想いを連ねる,そんな不可解さのこもった狙いを狙い付けて,さあ遣って来いって 何を獲物にしようか迷っている。優柔不断な物書ハンター。あるいは,また。
”前世ゲーム=書物の渉猟文化”を常日頃大事にしているのだけれど それは嗜好するロマネスク思考とでもゆうべき何かの抒情的な何か であって,少し醒めた感はあるにせよ,実際きょうの読書がなにに なるにせよ,その択ばれた心の読み物にとっては執筆作道今昔。なべて, ひたすらひとところにそれらは,浪漫抒情的な何か,となる。梅肉を, ひたすらに酵素造りをしてのこった梅肉をかじっては捨て,かじって…

熱する=時間扇。

熱するとゆうのは,果物が完熟に向かう,ボイルする 沸騰する湯沸かしに,時間は十倍速に進む。そうして, アンチエイジングとは,抗酸化とゆうの解る気のする。 だから,夏は,時間の進むのが全時間的に環境的に, ずっと早く廻っているのだ。何故?なぜ全時間的に, 環境は時計の針を早く進める,必然の速度増す。この, 夏の時間の速さに,もうどうしても驚愕を隠せない。その 時間全体の,地球全体の酸化=老化している。この感慨,
もう早くも,朝ごはんに白菜の漬物と白米。昼ごはんに, 茄子の塩漬けと白米ごはん。繰り返しては,あいだに夢想の アイス・オーレを氷カラ・カラ。たまには動物性蛋白も。 なんて感じながら,オーレに優柔不断のミルクを加えて。 せっせ,せっせ。どうしても,働きたい余裕のある時に。
その余裕のある感情は,あと一息。自分のクリーニングの 佳境なのだ。佳境。良い言葉は,時間の速度を早めるから, もうすぐ,15時のおやつの時には変わらずアイス・オーレと 氷カラ・カラ。鳴らしている自分を想っては,筆を速める。 スラスラ・スーラ。点描画は,スラスラ・スーラ。なんて,
この夏の時間速度に焦点を当てて。果ては,自らの胃腸は, 腸活の極致にあって,7年に一度の細胞入れ替えはこの速度の 中で、始まる。終わる,空調の管理は必須で,その下でも, 容易に氷は解ける,溶ける。熔けてゆく氷の見て実感。 やっぱり,氷みずならぬ,冷泉浴のうちに停まって,体も
熔けてゆく。暑さはごちそう。時間の進みはごちそう。そんな この夏の時間速度に焦点を当てて。スラスラ・スーラ。点描画は, スラスラ・スーラ。『地球会議』なるものに出掛けて,すぐに, 門前払いされるのは時間の進みは早いけれど,創作には遅い,
体の熔けない,アイス・オーレを氷カラ・カラ。繰り返しては, あいだに夢想の,繰り返してる自分のクリーニングの佳境。この 僕自身は身体を冷やして,冷泉浴でも,この夏の過ごし方でも 酸化や,熱する=時間扇にあらがって,まだ果実は堅いのですよ,
そうして,抗酸化を謳っては,
”ボイルする世の中を”
逆廻り時間扇の,左回し珈琲を淹れて,あらがっているのですよ。
茜色の空には もうすぐ,もうすこしのひとさじお砂糖を許して差し上げます。

情と熱と天性栽培。

HystericsとHumanityは同一のもので, TemperatureとHumidityが,水で一致しているように, ヒステリーは,人間性と,”命の源動力”とゆうもので, 一致している。人間には,大地(水)のうちにあって, 熱=気温+湿度の境界線は厳密に引くことは出来ないのだから 「大地の”器”に漱石山人を貰い,三島文学の油粕を肥しにして,  芥川氏の水分を頂いて,太宰の種を淹れる。  この,世界エーテルの育て方に,秘密の鍵を世界エーテル。  一度しか水やりをせず,一度きりの肥しに添えて,一粒の種。  幸せの大地に”天性栽培”の,芽は噴いた。なので,どうしても  遊興に,町屋意識よりの創造を目指して,定式=常識。天女の  また,天馬のたてがみ,揺らしては世界エーテルを振り廻し。」 もうすぐ,夜明けだな。町屋意識まで辿り着けば,あとは”記憶”を 紐解くだけの挨拶回り。
”天性栽培”の叶って芽の噴いたのならば,それはイコールの,以て 世界エーテルとゆう境域をほどいて超えてしまえば,”記憶”の紐解き, 一膳に,自己クリーニングとゆう世界の紐解きに他ならない作業の, 宇宙大に拡がったマクロより,”記憶”像の挨拶回りとゆうミクロ性へ, 移転しては,移行して,移染される,身体の記憶。腺組織とはそうして, 熱中症などと深い関わりのある作用を持っているが,そうしてまた。あの, 腺組織の解除を成功して,試みにそんな事を言っている市井のESSAYは, あのお,腺組織の解除とは?と言われて,いやあ冷房の効いた部屋を, 氷枕をして,水のお風呂に入って,もう万全とゆう奴ですね。など, 口を揃えて,あれは冷やす目的の,ひやかしにすぎない。 なんて,そう言って。帰ってゆくのだ,月の国。そうですね。あのお, の次は必ず,疑問符だとおもっていたのだけれどもそれはそうとしても。 世界エーテルの解除,って言ってもよいのだった。それは,腺組織の, とゆう世界エーテルの解除。空調の自分の部屋に戻って,”記憶”の挨拶回り。 もう,口々に”よろしく。”と言って,回るので,良い加減に,世界の紐解き。
「遊興に,町屋意識よりの創造を目指して,定式=常識。天女の  また,天馬のたてがみ,揺らしては世界エーテルを振り廻し。」
俗っぽく言うつもりはないのだけれど,”記憶”の紐解きは,そんなに関心を 惹くなどと,…