スキップしてメイン コンテンツに移動

業の泉作用機序,

古本屋さんで,リチャード・バックの”かもめのジョナサン”をみつけて,帰ってくる。わたしは芥川=ヘロデ,と叫んだ心は冷徹さから外国文学のその背表紙をみて,末路の救いを抜け道ざまに通り抜ける題名。妻は,アナトール・フランス=ヘロディヤと何度も口にして居たってやっぱり業の泉には浸かっていたい。

作用機序としては,エニアグラム=9つのタイプ論と酷似して,霊性パスターの捏ね上げられた,土塊にんぎょうのように精神体は形成されて産まれてくるらしい,だから,僕のテンプレートは漱石山人で,芥川やら龍馬やら,沢山の書家文人が,形成されてゆく道程に,背中にびっしり張り付いてくる。

そうして,人は2度産まれる。新しいテンプレートは思春期の終わり,朱夏の始まりに当って,次々とヨーロピニアリズムとして,引っ付いて,芽が吹き出て来た。

アイザック・ニュートン,僕はそのリンゴの樹をみたことのある,中学生の時より言っていた。ニコラウス・クザーヌス,修道院に非常な興味を持ち,トラピストの地は故郷。

(また,R.シュタイナーの”神秘主義と現代の世界観”を,読み解いてみよう。シュタイナーの初期作だから。ラファエロの絵には,ニュートンとそっくりなロマネスクに描かれた男の作品があったな。)

と,バートランド・ラッセル,彼は,マンの”魔の山”において,ハンス・カストルプにそっくり。テムズ川や,ロンドン塔の,霧のラスカル,ロジティックスにはLONDON ONEの呼称にも見紛わない,そんな業の泉の温浴を通した思索溢れる。

ルイ16世は,断頭台に立った時は,すでにスカラムッシュに成り換わりパリを統べる姿にはふさわしい,サリエリの伝記のようなエスプリ詩情。

いまの僕は,彼の王は,のちにマンの文学に,登場するはずのハンス・カストルプ=バートランド・ラッセルの光りをみるのだ。

そうして,鮭のソロモン王は,彼が持てば,何でも妖術にみえる。熊のように,鮭を手にすれば,とば燻は,実に美味そうだ。ラッセル=ルイ16世=ニュートン=クザーヌス,彼らのルーツに,鮭のソロモンが居るとすれば,必然的に呪術性は,輪廻の姿なので。

もう,手洗いはススムけれど,その先の夜食などは,気がすすまなくなった。実践できない進化とは,静けさの裡には一歩だけれど,実に細胞の曲線を描けば,これも成長して居る『急がば回れ,灯台下暗し=油ロウソクなめる化け猫の翌朝には白い仔猫』の比喩にもストレートにメタファーする,業の泉作用機序,それはテンプレートはより進歩するための感情世界。そして,青と黒の色占いには”残酷性”と解説される,月灯りの群青の夜空には自然と引っ掛る『正体みたり枯れ尾花=醒めた夢には正常な清浄』のシミリ。


こちらは如何?

KARMA SPRINGとゆう、LONDON ONEの書類群。

腸がつまる、など。必然的な兆候を含む、現代のシンドロームには業の湯浴み、として。沢山の娯楽をエンターテイメントのように軽く、 楽しめるかとゆう、趣味の時間を1分2分。どうしようか? ほんとうに湯舟に浸かれる瞬間は、ご褒美だけれど、郵便物を 受け取るための深夜窓口も、寒くって伺う気にはならない。
疲れている?いいや、眠たいのはいちばんのご褒美で、またあの 思考を放棄する瞬間にこそ、曖昧で朦朧とした意識の、それは、 諦念する、問題も、なにもかもなくしてしまわれるのだから、 業の問題を考えるにしても、その問題をこそ、考える理由にこそ、 思考をなくしてしまえる瞬間に、解決されるとゆう、自己回帰。
スムーズに、ヨーグルトのプレーンを朝食に、必然的にも トーストの欲しくなるのは不可思議以上の不思議な事で、 思考し過ぎる事かあ、趣味と言えば趣味らしいモノだろうけれど 逆に、その時期を通りすぎれば、遺産として、KARMA SPRINGとゆう あの書類群の、ギフトだったのだな、ギフトだったのだ。 LONDON ONEとゆう、思考の山人による、最高の贈り物。
篤姫や、真田丸のあとには、足利学校のテーマなどみられる のでは、など、そんな、太陽悪魔や、オロチ伝説の、赤猪岩受難の、 岩戸伝説や、岩窟の聖母像と重ねて、ヒトの受難は、獣神化する道程を 経て、進む。確実な過程として、行程は、目的地の、アマテラスへ。 太陽の夜明けに繋がるのは、そんな、獣神の角と眼の筋の取られて ヒトよりも人らしい、そのグラウンドダウンしてゆく人間性の、 これは、地味に滋味栄養のある、豊富な、例えば、あの古い語の 富国強兵論なども、こうした、筋肉質な糖質制限や、あるいはまた 腸の詰まりは、富国強兵に、カルマ・クリーニングを一跳びして パクチーのコンソメスープなどを啜る朝に、やはりあの、 トーストを欲しくなる、都市街の朝食風景は、ループする。あんな ループする朝食を求めて、世界は廻り続けているとしたら、 このグラウンディング指向も、また、おんなじ様に、新年のお雑煮を、 頂けそうな、そんな年末のグツグツ、カマドは周るのである。

跳び込んで、さては越えてゆこう、あの倫敦の壁。

反射式灯油ストーブとゆう、電池が2本あれば着火して、延々と火が灯して居続けられるとゆう、あの暖かい暖房器具に換えて、 けれども、いくら火が自慢してきたって、この寒さにはギャップの ありすぎて、孤高の熱源とさえ言える。そうとも思えなくない。 例えば、こんな夜に、ジョナサン・スウィフトのガリバー旅行記や、 ジェイムズ・ジョイスの、ダブリナーズや、ブルネルの蒸気機関の、 あのシラノドベルジュラックの引いては切なさとゆうものへ。 たどり着いては、首を振る。僕の、ポートレイト?これは、いや。 むしろ、地底のレストランへの入店チケットに違いない。 ペイパーバックライターのイントロを奏でながら、いらっしゃい!と。
そんな中で、また別の系譜へと、この流れでして、目をやると、 ジョンのピースプレイトと、プルーストの時のない、そんな エル・グレコの静止画と、フェルメールの祈りのない静止画と、 そうして、カスパーダーヴィドフリードリヒの動画のような、 祈りを、静止画と動画に織り交ぜて平和を祈った、ダンテの あの、天国と地獄には、とにもかくにも、動きの中の静けさ。
大晦日を迎えられたのは、身体に感謝とはいえ、なぜかしらの 糖分がすべて抜けたかのように、フニャっとしてしまったので 何かしら食べていようと、寝正月とお正月料理を拝借する。 魚卵は、女性ホルモンにて情緒安定し、かまぼこ、お餅などは 練り上げる消化力を推し進める。とにもかくにも年末から三が日は ほんとうに終わりと始まりをないまぜにして、全然のとやかくゆう、 あのサナギの産褥の時期である。もう、ほんとうに生まれ変わって 蝶に羽ばたくこと、はばしく麗しやかに、その飛翔は、まるで
カルマクリーニングをひとっ跳びして、掻き削がれたオーラの 全体性の発露とはかくゆうこんな、絶対的に阻まれた主観性だ。 何かが、1年の糖分のあまさとして、大晦日の業火に灰と化し、 新年の三が日はとにかく、食べて寝て、練り上げて、寝て。 そうして、思考知性の小さなままの、不死鳥のヒナまでが、何か 新しいスタートのしるべのようにして、現れてくる。そんな、 切なさではいられない。けれども、業火には、もう絶やされない。 すべての出逢いと別れは、一新され、そうして、知性の発現している この、小さな飛翔体によって、希望を持ち抱きながら、すすむ。
こんな、混沌とした新年には、もうすぐ、何か道しるべを掴める。 といって、希望を持ち抱きながら、…