スキップしてメイン コンテンツに移動

パパ殿塩味。

躊躇もしないで,”存在”は迫ってくる,躊躇したなら,
きっと,その”余韻=情緒=記憶”は一層瓦解してしまう。
未だ,瓦解しないで,”存在”していられる,だから,その
”余韻=情緒=記憶”は,感謝していながら,迫ってくる。
弟の,イスキリは,太宰治=坂本龍馬=今川義元=,
九郎義経=弘法大師空海であってとしても,兄のイエスは,
岡潔先生=伊藤博文=古田織部(中江藤樹)=道元禅師,
そして,=妖僧文観だったと言い放ってみても,別段決って,
変ったこともないし,”ある”とすれば,”存在”の呵責は漸う,
軽くなりはしないか投げる伊弉諾の桃の実であったりもする。
最近,格段に,その”余韻=情緒=記憶”の追ってくる何かは,
ヴェニスに旅して命を投げ出すアッシェンバッハ氏のごとく,
海の遠景に熔けだしてしまって見事に円満に,夏の塩飴のような
融け方をして何処かに遊泳されて行ってしまっている。なので,
もうどうしようもなくなってヘッセの独白を紐解く文豪の,あの
ロマネスクはきっともうどうしようもなくなって教養小説に落着く,
あの文豪の白髪めいた秀筆のように恬淡として豊かに彷彿とした,
ロマネスクは述懐へと繋がって,ロマネスクだけに活きられる彼の,
”存在論”によって,躊躇もしないで,”存在”は迫ってくる,躊躇したなら,
きっと,その”余韻=情緒=記憶”は一層瓦解してしまう。
未だ,瓦解しないで,”存在”していられる,だから,その
”余韻=情緒=記憶”は,感謝していながら,迫ってくる。どんどん,
瓦解してしまう”存在論”の執筆模様を,彼は見届けられるだろうか?
記憶は,うすめられ,情緒はカチコチ硬化し,余韻にひたる余暇はもう,
失われる。それは,きっと”存在の不時着めいた降下化”のようないたって,
美味しい料理に舌鼓せよ,LONDON ONE,とは言いつつも,美味しい?
それは,豆の粉で造られた煎餅ではないですか?もう朝焼けにはあれしか,
あのしょっぱい煎餅様のものしか欲しない。いまがた朝方だった心持ちも,
”存在”のさってしまった炎天下の憔悴の中では,でもやっぱり,豆の粉,
深夜更けるフィトンチッドの誘惑する小康状態のロマネスクにも,やっぱり,
朝は遣り来たって,もうすぐ,ロマネスクだけに活きられる彼の,
”存在論”によって,躊躇もしないで,”存在”は迫ってくる,躊躇したなら,
きっと,その”余韻=情緒=記憶”は一層瓦解してしまう。もうすぐ,
ソーダ水の氷割りなら良いかな,いや?それはブルーハワイのかき氷の,
もうまさに解けかける一寸手前のあの氷の加減のことを指してはいても,
誰もわかってくれない,そうはいっても,朝も昼も深夜も更ければ,同じ。

お茶をすすっては水風呂に浸かって,一言。
のど飴をなめて,もうすぐに昼は遣って来そうだ。昼が遣って来たら,空調は
どうしたら良いのか,何を呑んだら良いのか,とっても迷うものだ。不安かな,
不安は何処から遣って来るのか,一般的な感情は何処からとゆうよりも,季節の
あるいは日々の流れの中で遣って来たり,さっていったり。一様に原因はないより,
もっと言えば”真の原因”とゆうものを探そう。それが”時間”だったりもして,その,
時間を受胎して産んだ女神さまの産休期を人生と呼んでいたりする。正確には
時間を孕んでいたのではなくって時間は副産であって,本来,今の赤子であるのは,
もちろん全ての星を包括する”ブラックホール”,だから,”ホワイトホール”は,その
父君のようなものだろうか?』こんな,感情的な問題の,

僕は”ブラックホール”のお守りをしている。いずれ”ホワイトホール”になる赤子の,
その人生の時間をすり抜けて,一様に赤ちゃんの栄養食になるのは人生のお努め。
豆の粉を練って,煎餅にする。

こちらは如何?

三島文学におけるニニギとジングウの関わりにつき。

三島文学におけるニニギとジングウの関わりについて,その 両者の,ニニギとジングウの異性同士の神々の天孫と八幡神の つながる所に,甘酒より酵母を採ることと,お米を炊いて頂くことの その両面性のつながるような気のして,抑圧の残酷に響く時も, それの獅子と舞うような心地。また,女神のスピリチュアリティと, 咳込む男神の綿帽子に,無論,秋の木陰にもう舞い散ってしまう紅葉の ダンスさえも,そのように,むろんの事。それは残酷な抑圧ではなし, トビナガスネヒコ=大黒=タケミナカタ,ニニギ=神功=タケミカヅチの, そういった,縄文と弥生の入れ替わりのあったとしても,果たしての 自分のジャーマンポテトとバゲット・サンドの対比を好き嫌いしてみたって, 濃いブラック・コーヒーはフランスパンには合うものだし,ビターなチョコも リンゴのシードルなどの酸味も欲しくなるところ。まだ,酸味の必要な時期に でも,いくらそれだって,にゅうめんにはカツオ出汁だしビネガーは入れない。 決して,そうめんにも,暑いからと言って,オイスター・ソースのつゆは,あまり ススまないので,和食を冬に,中華を夏に食べるにあたって,季節自体は入れ替わる ことは,ないのだから。時代性として,ポスト・天孫降臨などは起こりそうもない。
キッチンの照明を換えてもらった節,知り合いの電器屋さんから,父と同い年と伺って 驚いた折には『私も,入換え時で,車も,この間あと先あまり要らないのに替えました』
と聴いて,ああ,そうか。IH調理器も見てもらって,ガスに替える話をしていた矢先 前回のその話題を踏んで,よもやま話をして下さったのだなあ,紅葉の季節に実に風情の あって,落ち葉も,そのように電器を換えて行くさまにも似て,季節と入れ替わり移る。 家の奥さんの,朝の出勤時に,目の前で接触事故をした折などは,正直ぼくの方の動揺は あまりに動転して激しく,それで,奥さんは冷静だったらしい。昼にもなって,ようやく 電器屋さんに渡し余った珈琲缶などを啜って一息つく心地。その車で先週よりの,旅行を 予定していたあげく,天孫降臨の名所旧跡めぐり観光を考えていたものの中止になって, なぜかぼくの方は,ホッとしている。不可思議なくらいホッとしている。それはたぶんの 小難に切り替わったように,無意識は安堵しているのだろう。ガスに替えるようにして, 祖父母か…

エーテル体質は,お炬燵の昼間意識

経済的な観念の上に,聴覚を用いるのか,さて,視覚は, エーテル体質は,お炬燵の昼間意識によって,幻視の ように進む,エーテル的経済体質の,それは秋の日の 田園風景。かくのごとく,瞑想式にモノを考えるのならば 幻視を支える頭の各種感性は,まず水分補給をし,深呼吸, それよりの座敷に座ってモノを描く,そんな執筆習慣より。 視覚によって,経済を支えず。聴覚によっても,まだ頼らず。 手先指先に慣性を集中して,集中力によって慣性的に支える, それが,エーテル体質は,お炬燵の昼間意識の幻視経済体質。 大地の親和を図るのと同時に,何によって浪費するのかさえ, 気力=生命力=エーテル式にモノを把えて,消費を試みる, それが,エーテル式経済体質。瞑想的でもあるけれど,ようやく そういった,安心できる,精神的な自給自足の循環性に至った。
何か,糖代謝とか,セロトニンのような,そういった自給式の 安定した生活を可能にする,消化一般耐性の,農耕定住化なので, エーテル体質は,お炬燵の昼間意識による,この例えば糖質制限など 肉食や,生食菜食との関連は,一般の三食常識による栄養補給に よっても解決される,ハイキングと,ふくらはぎマッサージと, 咳風邪の過程に,何とか自力で治した,トンカツや,アイスクリームを 臆さない,常識的な栄養補給の何と功を奏したことなのか,多分は。 そうして,一般常識としての経済は,消費者としての住民は一律とゆう 真逆に把えれば『生産者としての人間性は多種多様で掴めない。』って, 言っていることの常識性は,つねに循環していなかったのだけれど, 何故か,昨今台風の通り過ぎたあとでは,そんな国土親和性とゆう磁気的 変化とともに,再編成する転換変貌する,消費社会の姿を,垣間見る,その 訪れは,夢見るイマジネーションの世界を連想させて,それはほぼ瞑想的な 幻視経済体質の到来,いわんや生産者の対置されない経済の薄明僥倖なのだ。 くらげのように生きる必要が,災害時の自然一体化には,必要であるから。
なにがそんなに,エーテルとか,大地との親和性を感じ考えさせるのだろう?
そうして,経済性や精神性の一貫した循環を垣間見させてくれる,この幻視は
一体どうして,瞑想的に安定して一体訪れるのだろう?ひとつは,そんなに,
ふくらはぎのマッサージの効果のあったのだろうか?とゆうことと,そうゆう