芥川と安吾と太宰。

家康=頼朝=芥川の知性の影の,龍馬=九郎義経=太宰の
その連環を想うのに,差すような知性はどうも,知性的。
あいだに立って,夕立どしゃ降りの安吾先生の朗読する。
塵灰立って,春の初雨の通り洗い流してゆくのに,優美な
甘い酩酊の心地をするように,甘酒を口にして,瞑目する。
三四郎とゆう家の猫は遠く上の方にある天井近くの網戸に
居を構えて,ひたすら小一時間はジッとして外を眺めている。
たまにサッシと棚のあいだになど落ちてしまって,なかなか
登られないでいるのを助けてあげる折などには,もうすぐ,
もうすぐ雷か,霧のでそうな風情をして一目散に上の網戸へ
掛け上がる。飛び跳ねるように昇ってゆくのだけれど,一時期
危ないからと障子まで閉めてとじてしまっていたのを,春の
驟雨や暖かい陽ののぼる気配などに誘われて,飼い主自身が,
網戸を開けてしまった。

緑雨とでもゆうのでしょうか?葉っぱの上を落ちるしずくは,
植物のなかまで這入ってゆくことはない,通るのは真実だけ。
ヨモギ餅を餡コロにして,滲みるのは真実だけ。身体の中を
とおして,エンパス指向には殻の中を通って,真実だけ。また,
真実だけ身体の中を通る,春の気配に,恍惚と浸潤。

家康=頼朝=芥川の知性の影の,龍馬=九郎義経=太宰の
その連環を想うのに,差すような知性はどうも,知性的。
あいだに立って,夕立どしゃ降りの安吾先生の朗読する。
塵灰立って,春の初雨の通り洗い流してゆくのに,優美な
甘い酩酊の心地をするように,甘酒を口にして,瞑目する。
三四郎とゆう家の猫は遠く上の方にある天井近くの網戸に
居を構えて,ひたすら小一時間はジッとして外を眺めている。
たまにサッシと棚のあいだになど落ちてしまって,なかなか
登られないでいるのを助けてあげる折などには,もうすぐ,
もうすぐ雷か,霧のでそうな風情をして一目散に上の網戸へ
掛け上がる。飛び跳ねるように昇ってゆくのだけれど,一時期
危ないからと障子まで閉めてとじてしまっていたのを,春の
驟雨や暖かい陽ののぼる気配などに誘われて,飼い主自身が,
網戸を開けてしまった。







コメント

こちらも如何?

発想する八艘。

たぶんとんでも。

月と,この星。

頭の回転=思考角質化。