発想する八艘。

フランツ・クライン画伯のベートーベンMaskのあるから,
グレン・グールド先生のベートーベン変奏曲があるから,
生きて行ける。ソクラテス=マルティン・ルター=キケロー
=ベートーベン=トルストイ=諸葛亮孔明のそんな系譜を,
聖アンナ母子像のアンナの祖父は”神”であった。などと,
ほくそ笑いして,アンナの父母は,カストロ議長とヘミングウェイ,
聖アンナとその夫,つまりMotherMaryの父と母は岡潔先生と
シュヴァイツァー,マリアとヨゼフは,ヘッセとトーマス・マン。
だから,ソクラテスやトルストイの美談とまで言われる,”悪妻”の
クサンチッペなどは,もう”かみさん”で仕方ないので,”神のかみさん”。
愛していたのだなぁ,愛していたのだ,”神のかみさん”。創作次第には,
フランツ・クライン画伯のベートーベンMaskのあるから,
グレン・グールド先生のベートーベン変奏曲があるから,生きて行ける。
船中八策ならぬ,発想する八艘。”赤壁の賦”を詠む詩聖,蘇東坡の心地に
なって,初夏の匂いを寿ぐ,それは,ベートーベンの情緒,限りない,
バッハ=ヘミングウェイの音楽=詩性をつなぐ何らかの”照葉樹林”。

よくよく考えていた,クールベやコロー,ドービニーなどの,心理風景画しか,
創作の出発点や”終着点”,あくまで戻ってくるべきアートの指標も,風景画。
だから,中学の写生スケッチの思い出などはもう,GOLD。黄金期の創作で
あるし,魂の風景画しか,なにがしかの表現は,僕にとってない。だから,
フランツ・クライン画伯のベートーベンMaskのあるから,
グレン・グールド先生のベートーベン変奏曲があるから,
生きて行ける。
風景画と,メッセージ(この世=業の流れ的発想),あと楽しんでもらうための
環境づくりを試してゆけたら。守破離=正反合=後先中の想いあふれて,まるで
シナモン=桂皮の匂いをシュトーレンにこころみるような,マルティン=ルターの
信仰告白上の賛歌を,『フランツ・クライン画伯のベートーベンMaskのあるから,
グレン・グールド先生のベートーベン変奏曲があるから,
生きて行ける。』と言って,投げ出していけたら,そっくりそのまま,善と悪のあいだに
立って,聖アンナに世を託してゆけたら,このまま清濁併呑,シナモン=桂皮の香りは,
夏の虫下しに,”照葉樹林”を呑むようにして,非常に深緑純真として,身心浸潤する。
そうゆう何らかの,ソクラテスとクサンチッペのようでありたい,身心純真。

フランツ・クライン画伯のベートーベンMaskのあるから,
グレン・グールド先生のベートーベン変奏曲があるから,
生きて行ける。ソクラテス=マルティン・ルター=キケロー
=ベートーベン=トルストイ=諸葛亮孔明のそんな系譜を,
聖アンナ母子像のアンナの祖父は”神”であった。などと,
ほくそ笑いして,アンナの父母は,カストロ議長とヘミングウェイ,
聖アンナとその夫,つまりMotherMaryの父と母は岡潔先生と
シュヴァイツァー,マリアとヨゼフは,ヘッセとトーマス・マン。
だから,ソクラテスやトルストイの美談とまで言われる,”悪妻”の
クサンチッペなどは,もう”かみさん”で仕方ないので,”神のかみさん”。
愛していたのだなぁ,愛していたのだ,”神のかみさん”。創作次第には,
フランツ・クライン画伯のベートーベンMaskのあるから,
グレン・グールド先生のベートーベン変奏曲があるから,生きて行ける。
船中八策ならぬ,発想する八艘。”赤壁の賦”を詠む詩聖,蘇東坡の心地に
なって,初夏の匂いを寿ぐ,それは,ベートーベンの情緒,限りない,
バッハ=ヘミングウェイの音楽=詩性をつなぐ何らかの”照葉樹林”。

コメント

こちらも如何?

たぶんとんでも。

月と,この星。

頭の回転=思考角質化。