たぶんとんでも。


知り合いがいなければ,描けないような拭き心地の窓ガラスに。


アウグストゥスは初代ローマ皇帝,Royal Lionの爽やかな精悍さ。
バルタザアルとは,彼の謂れ。アグリッパ,カエサルなど,聖書の
時代に,よくも同居した立法者。そうして,傷跡は双子宇宙だから,
ツイン・ソウルなどと呼ばれる,彼らの傷は,桃色の恋。それで,
漱石は,Royalだったと感じる,則天去私だから,LONDON ONE。

小林一茶は回転するわだちを残せば,Chariot。とっても激情する。

太閤秀吉には,やはり回転するわだちの以前にカリスマの東洋美。
天狗のような鼻をして,西洋人らしい顔立ちの,直立するカリスマ。

源実朝には,金槐和歌集なる作品があるけれど,飄々と冗談のような,
コミカルなギャグを跳ばしている彼だから,鶴岡八幡宮の境内を,
山犬に乗ってきゃはきゃはと翔けまわっていたような。冗談めいて。

平宗盛には,酔い加減の酩酊状態を,平凡さで呼ばれたけれど,彼の
知性はその霊媒的な体質だろう,霊能者,霊能者,彼の本質とは,酔拳。

後醍醐天皇に至っては,指一本に触れるまで空気がその機微に凍るような,
非常に繊細な優美さを感じる。

それ以前に,道鏡なる僧侶が居たと伝えられるが,彼のそんな天性にしても,
もう逸脱性ほどの個性を当時のカリスマとは怪僧,彼自体が街であった。
空間を動かすとはこうした呪術性に隠匿性,そうして神秘主義的な傾向。

桃色の恋は,だから傷跡のツイン・ソウルの証だから,肉体には双子宇宙。
本質論に至れば,この世の本質とは,まるで因襲。取り憑くのほど因襲の,
本質論に至れば,世界の実質とは,骨身に沁みる因襲。桃色の恋は,伴侶。

知り合いがいなければ,描けないような拭き心地の窓ガラスに。

アウグストゥスは初代ローマ皇帝,Royal Lionの爽やかな精悍さ。
バルタザアルとは,彼の謂れ。アグリッパ,カエサルなど,聖書の
時代に,よくも同居した立法者。そうして,傷跡は双子宇宙だから,
ツイン・ソウルなどと呼ばれる,彼らの傷は,桃色の恋。それで,


因襲があるとすれば,生活に影響を与える,それは明智光秀のような,
謀反に終わる,人生の機微に切なさを,行動に向かう前に,もうすこし,
考える暇のあれば,など切にそう感じる。勢い任せだから,いつも焦ってる。

詩人が土佐勤王党に斎藤道三の墓を訪ねれば,なぜだか怒りは,余裕のうちに,
焦ってしまった酸化したチョコレイト。太閤秀吉が討つとする,何故だろう?
カリスマはいつも首をかしげて,何だかよくわからない,わからないけど。そう,

もうすぐ,平和な世がやって来るさ,そうさ,そう思ってないと,何も始まらない。
だから,暖かさは冷淡さとは反対のものだ。冷温と温暖さは交わらないけれども,

植物の業と湧水の流れがそれを結ぶから,もうすこし季節に身を委ねよう。そう,
暖かさにつれて,世界は変わってくる,季節だけ,実に広大なのだから。

知り合いがいなければ,描けないような拭き心地の窓ガラスに。


コメント

こちらも如何?

発想する八艘。

月と,この星。

頭の回転=思考角質化。