スキップしてメイン コンテンツに移動

そうゆう次元の,妄想なのだ。

夏の入り口に,アイス・レモングラス・ミントティーを
呑んでしまったのが,業の泉の門を開いたきっかけ。
諧謔のすえに,ロマネスクを求めて,門衛に訊ねたのが,
幾重にもかさなった,何人もの人生をパラレルのように。
ロマネスクの先に,パラレル・ワールドのひろがる。
入り口があれば,出口のある。それは,門衛に道を尋ねなくても,
もう,お家へは帰れる。ドクダミ茶を呑んで,何人もの人生を,
下る河のように訪ねて,無意識の大海へ這入る。
『そうだな,とりあえずは,お家に帰るか。』そう,言って。
『やっぱり,芸術の神は,無意識の構造だなぁ。』そう,言って。
『眠りの国へ,返ってそれは。無意識の構造だなぁ。』そう,言って。
お腹が空くとゆう事は,眠たくなる,とゆう。そうして,それは
無意識に還る事とは,春の気配に恍惚と,浸潤するドクダミ茶の,
頭頂部と,尻尾の生えるあたりが一気につながって,眠りの国へ,
意識を保ちながら,眠りの国へ。そんな,大河の一滴を,夢見ている。


早朝になって,階下に降りて,食材がないので,豆乳リゾットを。
油をひいて,お米をひとにぎり,初めに食塩,コショウ,ダシなど,
振りかけてしまって,一分ほど炒める。水を足して,くつくつ。
途中で,豆乳を足して,くつくつ。さらに隠し味に,お醤油。たぶん,
お塩は多めに入れる位が好い。十五分くらいで食卓に上るから,それは,
もううまくゆけば,”バーベキュー・リゾット”などと,焼き肉の食味を
期待しても良い。と,ゆうことを”とっても美味しいのだな。”と,早朝。
鯛焼きの冷凍庫に一個だけあったのを,それでは寝ず心地のこの憔悴は,
到底満たされないから,と苦肉の策だったけれど。そうゆう,困窮は,
もっと,得てして,優雅さへの入り口で,ジャガイモ料理の礎の上に,
ヨーロピニアリズムは成立したのだ,と日本の豆乳リゾットを想い,
確信に抱く早朝の春。

眠ることではなく寝られないことを人生は選択していたのだな。
”食べ過ぎてはいなかった,けれども,空腹にはなっていない”眠前に,
どうしたって寝られないはずはないのに眠らないことを選択する。
ひたすらに称徳天皇のような弥勒菩薩のような女神ヒステリクスを,
それは芥川や東照宮のような影ではあるにはあるのだけれど,そんな
女神ヒステリクスとゆうような光陰を感じながら,まだしもこんなにも
冗長な女神ヒステリクスの訪れに冗談も言えず,ただ金縛りのように,
高い呻き声を挙げているのだけれど,そうゆう時に限って,僕の中の,
蟻の神さまの裏宇宙地底人を低刺激に刺激する,思わず”トイレ!”と。
起き上がって,一服をして,”もう,4時かぁ。”光陰矢の如し。
絶対知性は,こんな鬱蒼とした身体の中に蓄積されてゆくマイナス電池の
ようなもので,これを今度は蟻さんたちに分与しようと試みる,とにかくも
瞑目しているあいだじゅうも一生懸命なのだ,眠るのに一分も無駄にしたくない。
多分,少しずつお腹は消化しているとゆうメタファーでもあるのだけど,そんな
メタファーより,起き上がって,再度あかりを点けて思うのは,やっぱりその折,
豆乳リゾットを作ってよかった。うすぼらけてくる外気を眺めて,ドクダミ茶。
もうすぐ業の門をアイス・レモングラス・ミントティーより開いてからの,その
情熱の芸術の神への門下にくぐって,ドクダミ茶の冷感を感じて,一時の仮眠。

こちらは如何?

SEED is Here.

キーボードが光っているから幸いに。いまも, 月はCloud機能たくましく,お茶ボトルを直射月光に。 緑は,豊かに神さまなので。やっぱり,グリーン・テンダネス。 葉っぱを愛でてもめでなくっても,お茶にタタられるとゆうことは あんまり聴かない。神さまは地中をあるいはInAir通過して届く, 通奏低念ならぬ,通過するそれはグリーン・テンダネス。業の泉。 通過するグリーン・テンダネスの拡がって,業の泉=世の中。また, 決して,オリジナリティを見つけたわけではないしても,柑橘の花。 オリジナリティは,シュタイナーにしてみれば甘酸っぱいものだけど, 僕らにしてみれば,ほろ苦い。きっと,柑橘の茶葉も啜れば,苦い。 緑は,豊かに神さまなので。やっぱり,グリーン・テンダネス。 世界は,終わらない。とゆうよりも神さまの緑にしてみれば。それは, 終るどころか,母体は彼女(彼)に,あるのだから彼女(彼)にして, かくゆう,自然一体化を促すSEEDを求める。 月が綺麗な夜でした,SEED is Here.
きっと,菩提樹とゆうけれど。神秘の門前には,門衛のいつも。いつも,
見詰めるその先には。門衛のいつも見詰めるその先には。葉っぱを愛でても
めでなくっても,お茶にタタられるとゆうことはあんまり聴かない。
神さまは地中をあるいはInAir通過して届く,通奏低念ならぬ,通過する
それはグリーン・テンダネス。業の泉。だから,菩提樹はいつも着いてくる。
緑の香り,ベートーヴェンのソナタの緑の香り。あれは守護神で,いっつも,
庭木のどれかから,着いてくる。だから,引っ越しても定住すれば,いっつも,
菩提樹はいつも着いてくる。緑の香り,ベートーヴェンのソナタの緑の香り。
棲めば都のいつも緑の香りは故郷のそれなのは。神さまは緑で,いっつも,
地中をあるいはInAir通過して届くグリーン・テンダネスの拡がって,なので。
お茶っぱを噛んで歯痛を治すのはよく聴いたことはあるけれど,バナナのジュレを
口にして,病をなおすのも。今度,調べてから,柑橘の葉っぱを噛んでみよう。
通奏低念ならぬ,通過するそれはグリーン・テンダネス。


キーボードが光っているから幸いに。いまも, 月はCloud機能たくましく,お茶ボトルを直射月光に。 緑は,豊かに神さまなので。やっぱり,グリーン・テンダネス。 葉っぱを愛でてもめでなくっても,お茶にタタられるとゆ…

リアルな画,

リアルな画を撮るべきか,あるいは。 画をリアルに描くべきか。そんなら 存在論は,ベーコンと卵は要らないから, それより。不思議と煮込みと燻製チップのそれより 刃物の澄まされた春の光に宴を与しよう。 うつろに開かれた眼からは存在の香りは してはこない。してはこないが,存在論の目的を, 狙いすまされた,存在論の終幕のにおいはしてくる。
ぞんざいな,燻製チップの樹の叫びさえ, 宴に供された食物の冥想さえ,もう届かない。 日本の美は,ところどころに僕を追ってきて,その 世間とは何か,あの問いを,そのままジッとみつめる, 答えとしてトゲトゲした観葉植物の祈りで応えてくれる。
有終の美を飾るのなら,澄まされた春の光でいけとは。 こころならず,存在論の幕開けは燻製チップの煙では 始まったのだけれどもそうゆう。 あぐらをかいては,ドクダミ茶すする。そんな, もったいつけて,ゴボウチップス誘う夕べの漬物は きゅうりの奈良漬。
リアルな画を撮るべきか,あるいは。 画をリアルに描くべきか。そんなら 存在論は,ベーコンと卵は要らないから, それより。不思議と煮込みと燻製チップのそれより 刃物の澄まされた春の光に宴を与しよう。 うつろに開かれた眼からは存在の香りは してはこない。してはこないが,存在論の目的を, 狙いすまされた,存在論の終幕のにおいはしてくる。
リアルな画,ゴボウチップス。





構築座標,

構築座標はコントロールできない,
モノレールの運行のようなもの。まるで,
”思考は,観察できない。”とゆう,
きりきりの所で,待っている。
構築座標はコントロールできない,
天体の上を歩く,まるで,星の王子様,
そうして,自然は『自由』とあいまって,
紅い花と,白い花。混ぜて咲くの,
薔薇とカスミソウを束ねて。

神さまは,『自然一体化はシンプルなもの, 山紫水明と言って,豊かな自然をみる。』とは ゆうものの出来れば自然に目を向けていたい, こんな夏の碧を眺める,遊興な心持には,そうして。 そんな頃合いには不思議と,お餅をたべる。詩の, 偶数を捜す,詩の雑煮を頬張る。もとは, ああゆう,グリーンな出処に,赤い薔薇の蕾があって, そんな,遊興な心持には,そうして。たぶんもって, 『自然一体化はシンプルなもの, 山紫水明と言って,豊かな自然をみる。』とは ”自我”とゆうものあるなれば,それは水晶のごとき, そんな宝石を,マグマに還してしまう。
構築座標はコントロールできない,
モノレールの運行のようなもの。まるで,
”思考は,観察できない。”とゆう,
きりきりの所で,待っている。
構築座標はコントロールできない,
天体の上を歩く,まるで,星の王子様,
そうして,自然は『自由』とあいまって,
紅い花と,白い花。混ぜて咲くの,
薔薇とカスミソウを束ねて。

根の堅州国より還る,とゆうのは, 脱出にも似て,『帰還する』,ある意味, モノレールの運行を終えては辿りつく終着駅。 運行する,そのままの運行をジッとみる。それは, まるでその運行には換えがたい絶対的客観性のあるとゆう それは,評価の構築座標で,”思考は観察できない。”って。 けだし,コントロールしたいときはどうしたいのだろう? もちろん,トゲトゲの薔薇の樹をみて,嗅ぎたいのだ。 だから,触るときには注意して,評価軸は換えない,それは 天体座標をみるときのように,客観的で,そうしてそれは, 構築座標はコントロールできない, モノレールの運行のようなもの。まるで, ”思考は,観察できない。”とゆう, きりきりの所で,待っている。 構築座標はコントロールできない, 天体の上を歩く,まるで,星の王子様, そうして,自然は『自由』とあいまって, 紅い花と,白い花。混ぜて咲くの, 薔薇とカスミソウを束ねて。