スキップしてメイン コンテンツに移動

そうゆう次元の,妄想なのだ。

夏の入り口に,アイス・レモングラス・ミントティーを
呑んでしまったのが,業の泉の門を開いたきっかけ。
諧謔のすえに,ロマネスクを求めて,門衛に訊ねたのが,
幾重にもかさなった,何人もの人生をパラレルのように。
ロマネスクの先に,パラレル・ワールドのひろがる。
入り口があれば,出口のある。それは,門衛に道を尋ねなくても,
もう,お家へは帰れる。ドクダミ茶を呑んで,何人もの人生を,
下る河のように訪ねて,無意識の大海へ這入る。
『そうだな,とりあえずは,お家に帰るか。』そう,言って。
『やっぱり,芸術の神は,無意識の構造だなぁ。』そう,言って。
『眠りの国へ,返ってそれは。無意識の構造だなぁ。』そう,言って。
お腹が空くとゆう事は,眠たくなる,とゆう。そうして,それは
無意識に還る事とは,春の気配に恍惚と,浸潤するドクダミ茶の,
頭頂部と,尻尾の生えるあたりが一気につながって,眠りの国へ,
意識を保ちながら,眠りの国へ。そんな,大河の一滴を,夢見ている。


早朝になって,階下に降りて,食材がないので,豆乳リゾットを。
油をひいて,お米をひとにぎり,初めに食塩,コショウ,ダシなど,
振りかけてしまって,一分ほど炒める。水を足して,くつくつ。
途中で,豆乳を足して,くつくつ。さらに隠し味に,お醤油。たぶん,
お塩は多めに入れる位が好い。十五分くらいで食卓に上るから,それは,
もううまくゆけば,”バーベキュー・リゾット”などと,焼き肉の食味を
期待しても良い。と,ゆうことを”とっても美味しいのだな。”と,早朝。
鯛焼きの冷凍庫に一個だけあったのを,それでは寝ず心地のこの憔悴は,
到底満たされないから,と苦肉の策だったけれど。そうゆう,困窮は,
もっと,得てして,優雅さへの入り口で,ジャガイモ料理の礎の上に,
ヨーロピニアリズムは成立したのだ,と日本の豆乳リゾットを想い,
確信に抱く早朝の春。

眠ることではなく寝られないことを人生は選択していたのだな。
”食べ過ぎてはいなかった,けれども,空腹にはなっていない”眠前に,
どうしたって寝られないはずはないのに眠らないことを選択する。
ひたすらに称徳天皇のような弥勒菩薩のような女神ヒステリクスを,
それは芥川や東照宮のような影ではあるにはあるのだけれど,そんな
女神ヒステリクスとゆうような光陰を感じながら,まだしもこんなにも
冗長な女神ヒステリクスの訪れに冗談も言えず,ただ金縛りのように,
高い呻き声を挙げているのだけれど,そうゆう時に限って,僕の中の,
蟻の神さまの裏宇宙地底人を低刺激に刺激する,思わず”トイレ!”と。
起き上がって,一服をして,”もう,4時かぁ。”光陰矢の如し。
絶対知性は,こんな鬱蒼とした身体の中に蓄積されてゆくマイナス電池の
ようなもので,これを今度は蟻さんたちに分与しようと試みる,とにかくも
瞑目しているあいだじゅうも一生懸命なのだ,眠るのに一分も無駄にしたくない。
多分,少しずつお腹は消化しているとゆうメタファーでもあるのだけど,そんな
メタファーより,起き上がって,再度あかりを点けて思うのは,やっぱりその折,
豆乳リゾットを作ってよかった。うすぼらけてくる外気を眺めて,ドクダミ茶。
もうすぐ業の門をアイス・レモングラス・ミントティーより開いてからの,その
情熱の芸術の神への門下にくぐって,ドクダミ茶の冷感を感じて,一時の仮眠。

こちらは如何?

意味深長に珈琲=胆汁と,虚空アカシャの転生色彩譚

自分の中より明白に,何かの意味とゆうのが抜けてから,もう ひさしく感じる。意味がないのは,基本的に穏やかな静かさ。 意味深長に珈琲=胆汁と,虚空アカシャの転生色彩譚を標榜して, このBlogを,ただ描き切っていた頃合いが懐かしく,今もまた デカフェの珈琲豆乳を呑んではいるが,その懐かしさは過去による モノだ。大抵は,すでに生豆の焙煎などの200℃にコンベクションで 送風して,ゴーゴーと30分やそこらで終えてしまうようになってから 浅煎りなのだか焦げているのやら解らないように感じるのだけれど, それはそれでコーヒーの味わいには届いているのやら?割ってしまえば 飲むことはできるので,有り難く美味しそうに頂いてはいるのだった。
西郷どんを堀辰雄氏に当て嵌めて,萩原朔太郎氏は近藤勇になって, 谷崎潤一郎氏は高杉晋作=イザナミ女神的な,太宰に龍馬伝説を, 立原に乾退助の影あれば,川端翁は松陰先生で,三島に桂小五郎の 余韻を曳いて,それは歴史の風韻の現す,ラッキョウの砂丘には彼の 風紋を遺す,風の報せ。むしろの虫の知らせなのだった。また戦国には 堀さんは信長公,萩原さんは上杉謙信。大谷崎は下って8代吉宗公に, 太宰の独眼竜を供えれば,立原=千利休=秀頼公の,川端翁の信玄=武蔵。 三島文学は遠くサド侯爵=マキャベリまで溯る。付随して,漱石山人には 太閤秀吉=一茶によって,東照宮には芥川氏とアマテラス=恵比須さんの この豊かな不老不死伝説までも含めて,さては,宮沢賢治=清正の井戸。 ここまでよくぞ堪えてくださった,とばかり。意味深長に珈琲=胆汁と, 虚空アカシャの転生色彩譚を,計らずも与えて下すった”歴史絵巻”に謝々。

フォーの麺のあって,それに合うスープを造って頂きましょう,とゆうことに 昨晩も今晩も量はあまり摂らずに,眠りやすい環境を整えてゆこうと言っては, 胡麻味噌や,コチュジャン。鳥ガラスープに醤油みりん。ヌクナムなどに塩胡椒で ネギとニラ,油揚げを加えて,胡麻味噌には八角など,山椒の粉も入ってるので 大事なのは麺がゆるゆるにも芯残りにもならずに好い茹で加減でできるとなとゆう ところで,食卓には何とか一緒に楽しめるほどの時間は過ごせたのだった。あと, お風呂も沸かして,コトコト響いてくるような背景音に合わせて,こうして夕暮れに タイプして行く心地。あまりに最近お喋りもすすま…

とにかくもパンダの真似をして遣りすごす,カレー屋さんでの一時。

白黒の隈を着けて,いつもよりも浅煎りの珈琲豆を一杯のお代わりを 受けて,淹れなおす。家の台所は,さながらカレー屋さん気取りの, とにかくもパンダの真似をして遣りすごす,カレー屋さんでの一時。 とにかくもゴッコ気取りで楽しみながら遣りすごす,台所での一時。 ダサいと言っては,何だけれど,バランスの好いのはそうゆうことだ。 そうして,そうゆうダサさをこそ,落ち着いているとして好む,そんな 白と黒を半分ずつ割って入れるようにして,豆乳オーレにして頂く珈琲は, 真皮に黒を抱きながら,表面きっての自分自身は,笑顔で白を通す,その 面白さは微笑みより訪れるので,にっこり気持ちは構えて,ダサさを通す。 それでしか淹れられない,なかなか浅煎りは,カフェオーレでしか入らない。
追及しては,戻ってくるのは番犬や番猫で,何だよとゆうばかり,番猫なら 招き猫みたいにスレンダーな物腰で,いいやスレンダーではないか,でも。 多分,何にもいないのだから,彼らにとって,虫の知らせは,いわゆる枯れ尾花 であって,そのざわめきや囁きのようにして聴こえる,彼らにとっては雑貨店。 トフィーのような濃厚な滑り出しで,カフェオレに合わせながら眺める,こんな 洋菓子店をめぐるように猫などの物腰の豊かさを側に置いて,ぼくは先日のあの ロイヤルウェディングの様子を想いだす。白馬のリードしている子の,ちょっと 荒れているのには,繁華街に急に放り込まれた武士のようなイメージで,そりゃあ 興奮し,混乱もなさるでしょう?とは,そればかり心配してはいなくても,やっぱり パレードの壮大さは計り知れない。ダイナミックであり,本当に生命力学的にもっとも ハラハラもし,手に汗握る。この悠長にはPCの前に座りながら,安堵して,折り畳む。

基本的にはまた紅茶とキャラメルを合わせる感じで良いと思うのだった。ちょっとした
あの渋味と,焦げているような甘味のあいだで,切なさと勇気を半分ずつにおおげさに
振る舞っている。週末を終えて,家族サービスとゆう毎度のほどでもないのだけれど,
毎日に平日のスタートを切る僕にとっては火曜日。風邪を引いてると体力よりも果敢に
すすめないのでこうゆう話題になっているけれど,それも治った後の話として,本当に
スタートを切られることに,爽やかな活発さをさえ抱いている,早速まだ沸かしたてで
すこし温湯のお茶を頂い…

憑依するとゆう言葉には,入り神級と創作ウォークイン。トリップなど様々

前世ゲームとは言え,嵌入しきって書物の渉猟をすることは,最も
アクティブな瞬間で,それはインナーに居て,集中度の高まる体験。
憑依するとゆう言葉には,入り神級と創作ウォークイン。トリップなど
様々あるけれど,それは研究意欲としてそうなのであって,きっと以て
どれでも良いはずの日常と,外側の経験則のなかでは処世術としては
仲介されえない範囲の事柄ではある。なので,運筆とゆう詩性に向かって
コンスタントに埋没しきることのなかにも夕暮れ時に適うような,そんな
”前世”=書物文化のあって良いはずだ。転生とゆうことは,それほどまでに
コンセントレーションの中に含まれていて,一種の隠喩のようにそこにある。
それで,いま没我した自分は転生している,うん。それで良いじゃないのか?
例えば,自意識のうちで,第一に身体を漱石山人より,次に生命力を太宰さんに
三番目には意識的に明るさを芥川氏より頂き,個我みたいなモノは三島文学より。
僕の竜退治のミカエルは彫刻家のロダン=文学にF.ラブレー=透視にスウェーデンボリと
言った大家より受け賜って,ジヨットのイコンにおける精神性において開花する。など
ここまで自意識的に説明したところで,それらは”前世”とは関連のないことではある。
集中力に謎解きの扉を開く鍵のあることを知悉して,ようやく,眠りに就けそうである。
渾然一体となってファンタジーは,一度死に,二度目に産まれる魂に対して,何らかの
ギフトを与える。集中力によって,ソウルは再び現れた記念として,”前世”の贈り物を
授かるのだった。そうやってゆこう。黄昏に,贈り物としての言葉を貰うようにして,
やっぱり夕餉の匂いは良いモノである。そこかしこに湯気の上がって,昔はさながらの
薪のくべられた薫りなど漂っていたろう。こうやって,時代は溯られれば,魂のうちに
何らかの,記憶=ファンタジーを得ることのできるはず。

急に,突然の報せのように,白い聖母信仰のほうへ寄りかかって行きそうな気さえして。
夕餉の匂いにのせられて,それらは,ふわりふわり声明を携えて近づいてくる。夕暮れに
不可思議な想いを感じ取らせながら。この白い芳香は何処から遣って来て,今さらながら
ついにこの辺りまで,ついの最近までは,いったい何処に居られたのでしょうくらいの,
何だか不可思議にふわりふわりと感じられる香りなのであった。良い…