スキップしてメイン コンテンツに移動

芥川のコンパス,三島のドラ。

芥川の羅針盤の示す方へ,三島の情熱に駆られて。
『近江屋事件のあった当夜,龍馬の脳髄には,
 桂小五郎の訪れを見た瞬間凍り付いた記憶が。
 桂の姿を見た時,龍馬の心中お察し申し上げる。』
こんな,その夜,龍馬の供にした食事の中に,塩ブリ
のあったことを,そうして,その裏に睡眠薬の貼ってあった
ことなどを察して,僕は,ひたすら彼がLONDONまでの
道程を,船底にムシロに横になって朧ながら波の打つ音。
『芥川=ヘロデ王は,頼朝の時世,武家政権を建てた時分に
 もう,人の役に立つことを決めた。龍馬=九郎義経を以降,
 討つ気配はないのだから,ヘロデ王の自作自演のイスキリの
 パノラマのような。三島は三島で,太宰を訪ねた時には,もう
 殺意はなかった。そもそもなかった。三島=桂氏は,
 太宰=龍馬の盟友。』で,
芥川の羅針盤の示す方へ,三島の情熱に駆られて。
そもそも,太宰=龍馬=九郎義経=空海の,それは復活劇として,
はたまた,岡潔=伊藤博文=チンギス汗=妖僧文観との対応に。
以上なコダワリを見せては,やはりイスキリ(イエス・キリスト)の
復活劇を連想させる彼は結局何人もの役を妖僧としてもとめたのだ。
イスキリとは例えば諏訪湖に眠るとゆう菱形の信玄墓のように。
大国魂とゆう言い方は変だなあと思っていた。伝説としてある意味,
ああゆう信玄墓のようなシェルターを通してしか大国魂にはなれない。
伝説を言説として説話としてみるにつけ,神話らしい神話には,あまり
常識らしい常識は通用しない。オーガニックでも,信仰でも,眠りでも,
余裕をもって生きる事でもない,伝説を活きるとは,黄金伝説のように。
堅牢に頑強で集中して『一変感謝。』本当に,ありがとう!とそう言って,
辞世を奏でるような。GOLDとはかくゆう求められる象徴のように出来て,
何が本当だろう?敢えて訊きたい。業=芸術?嗜好=暮らし?そうして,また
換気=清浄のような自然?なので,ほんとうに芥川のコンパス,とはゆうけれど
伝教大師=最澄上人による,朝=題目の,夜=念仏に,昼=炊飯がよいのだけど,
芸術から暮らしより自然に到るこんな朝昼夜の季節変遷を辿る,芥川のコンパス。
だから,ヨーロピニアリズムに,フラ・アンジェリコの天使画や,マッキャベリの
生き方。そうしてサド侯爵に至るまでのありとある,赤レンガの丸屋根天井の姿。
この,木戸孝允のヨーロピニアリズムに,伝統美の三島文学を足してこその,
『芥川の羅針盤の示す方へ,三島の情熱に駆られて。Europeanist&Buddhist』
漱石先生と太宰の影に,龍馬のキリシタンvs.太閤秀吉の姿をみた時なども,
アロエを火傷に効くからと言って,大黒さんの傷はアロエ・ヨーグルト。など,
呟いてみるのも,三島文学の裏の記憶にはヤコブ・ピラトゥスのような,あの
赤く灼けた岩の記憶。赤子岩とも呼ばれる彼の焼けた記憶の中に戦禍をくぐる,
ハンス・カストルプの幻影を常に意識していたからではないのだろうか?マンは,
ヨゼフ的な父性の記憶を宿しているけれど。灼けることと水で冷やすことと,また
動物=野性と,植物=裏宇宙の対比のような,もっとマクロな視点でみれば,
人間の右脳と左脳の換わり方の端を発して,昼と夜の宇宙的観照に移り,つまりは
表と裏。宇宙は表側と裏側を有しているとの視点。朝から昼,夜に移り換わり,その
芸術から暮らしより自然に到る。自然のレンズ状になったお椀を,暮らしの水が湛える
芸術の神とは朝に訪れるLONDONの汽笛の遠鳴り。煙ではないよ。煙ではない。白い,
あれは蒸気なのだ。水蒸気。こうやって,若き漱石と話しながら歓談し珈琲を呑む。
こんな彼が来たときは同じ想いをしたものだ。則天去私は喜びの放棄ではなきにしも,
情熱のLONDONを観たあとでは,もう暮らしの羅針盤は要りませぬ。そうして,自然へ
還る。こんな灼け岩に水は無駄だから,眠りに夜を慰めに。もう,いつかそうやって,
話したことは,『芥川の羅針盤の示す方へ,三島の情熱に駆られて。Europeanist&Buddhist』,
多分英仏海峡を渡って何時も贈ってる。


こちらは如何?

三島文学におけるニニギとジングウの関わりにつき。

三島文学におけるニニギとジングウの関わりについて,その 両者の,ニニギとジングウの異性同士の神々の天孫と八幡神の つながる所に,甘酒より酵母を採ることと,お米を炊いて頂くことの その両面性のつながるような気のして,抑圧の残酷に響く時も, それの獅子と舞うような心地。また,女神のスピリチュアリティと, 咳込む男神の綿帽子に,無論,秋の木陰にもう舞い散ってしまう紅葉の ダンスさえも,そのように,むろんの事。それは残酷な抑圧ではなし, トビナガスネヒコ=大黒=タケミナカタ,ニニギ=神功=タケミカヅチの, そういった,縄文と弥生の入れ替わりのあったとしても,果たしての 自分のジャーマンポテトとバゲット・サンドの対比を好き嫌いしてみたって, 濃いブラック・コーヒーはフランスパンには合うものだし,ビターなチョコも リンゴのシードルなどの酸味も欲しくなるところ。まだ,酸味の必要な時期に でも,いくらそれだって,にゅうめんにはカツオ出汁だしビネガーは入れない。 決して,そうめんにも,暑いからと言って,オイスター・ソースのつゆは,あまり ススまないので,和食を冬に,中華を夏に食べるにあたって,季節自体は入れ替わる ことは,ないのだから。時代性として,ポスト・天孫降臨などは起こりそうもない。
キッチンの照明を換えてもらった節,知り合いの電器屋さんから,父と同い年と伺って 驚いた折には『私も,入換え時で,車も,この間あと先あまり要らないのに替えました』
と聴いて,ああ,そうか。IH調理器も見てもらって,ガスに替える話をしていた矢先 前回のその話題を踏んで,よもやま話をして下さったのだなあ,紅葉の季節に実に風情の あって,落ち葉も,そのように電器を換えて行くさまにも似て,季節と入れ替わり移る。 家の奥さんの,朝の出勤時に,目の前で接触事故をした折などは,正直ぼくの方の動揺は あまりに動転して激しく,それで,奥さんは冷静だったらしい。昼にもなって,ようやく 電器屋さんに渡し余った珈琲缶などを啜って一息つく心地。その車で先週よりの,旅行を 予定していたあげく,天孫降臨の名所旧跡めぐり観光を考えていたものの中止になって, なぜかぼくの方は,ホッとしている。不可思議なくらいホッとしている。それはたぶんの 小難に切り替わったように,無意識は安堵しているのだろう。ガスに替えるようにして, 祖父母か…

エーテル体質は,お炬燵の昼間意識

経済的な観念の上に,聴覚を用いるのか,さて,視覚は, エーテル体質は,お炬燵の昼間意識によって,幻視の ように進む,エーテル的経済体質の,それは秋の日の 田園風景。かくのごとく,瞑想式にモノを考えるのならば 幻視を支える頭の各種感性は,まず水分補給をし,深呼吸, それよりの座敷に座ってモノを描く,そんな執筆習慣より。 視覚によって,経済を支えず。聴覚によっても,まだ頼らず。 手先指先に慣性を集中して,集中力によって慣性的に支える, それが,エーテル体質は,お炬燵の昼間意識の幻視経済体質。 大地の親和を図るのと同時に,何によって浪費するのかさえ, 気力=生命力=エーテル式にモノを把えて,消費を試みる, それが,エーテル式経済体質。瞑想的でもあるけれど,ようやく そういった,安心できる,精神的な自給自足の循環性に至った。
何か,糖代謝とか,セロトニンのような,そういった自給式の 安定した生活を可能にする,消化一般耐性の,農耕定住化なので, エーテル体質は,お炬燵の昼間意識による,この例えば糖質制限など 肉食や,生食菜食との関連は,一般の三食常識による栄養補給に よっても解決される,ハイキングと,ふくらはぎマッサージと, 咳風邪の過程に,何とか自力で治した,トンカツや,アイスクリームを 臆さない,常識的な栄養補給の何と功を奏したことなのか,多分は。 そうして,一般常識としての経済は,消費者としての住民は一律とゆう 真逆に把えれば『生産者としての人間性は多種多様で掴めない。』って, 言っていることの常識性は,つねに循環していなかったのだけれど, 何故か,昨今台風の通り過ぎたあとでは,そんな国土親和性とゆう磁気的 変化とともに,再編成する転換変貌する,消費社会の姿を,垣間見る,その 訪れは,夢見るイマジネーションの世界を連想させて,それはほぼ瞑想的な 幻視経済体質の到来,いわんや生産者の対置されない経済の薄明僥倖なのだ。 くらげのように生きる必要が,災害時の自然一体化には,必要であるから。
なにがそんなに,エーテルとか,大地との親和性を感じ考えさせるのだろう?
そうして,経済性や精神性の一貫した循環を垣間見させてくれる,この幻視は
一体どうして,瞑想的に安定して一体訪れるのだろう?ひとつは,そんなに,
ふくらはぎのマッサージの効果のあったのだろうか?とゆうことと,そうゆう