芥川のコンパス,三島のドラ。

芥川の羅針盤の示す方へ,三島の情熱に駆られて。
『近江屋事件のあった当夜,龍馬の脳髄には,
 桂小五郎の訪れを見た瞬間凍り付いた記憶が。
 桂の姿を見た時,龍馬の心中お察し申し上げる。』
こんな,その夜,龍馬の供にした食事の中に,塩ブリ
のあったことを,そうして,その裏に睡眠薬の貼ってあった
ことなどを察して,僕は,ひたすら彼がLONDONまでの
道程を,船底にムシロに横になって朧ながら波の打つ音。
『芥川=ヘロデ王は,頼朝の時世,武家政権を建てた時分に
 もう,人の役に立つことを決めた。龍馬=九郎義経を以降,
 討つ気配はないのだから,ヘロデ王の自作自演のイスキリの
 パノラマのような。三島は三島で,太宰を訪ねた時には,もう
 殺意はなかった。そもそもなかった。三島=桂氏は,
 太宰=龍馬の盟友。』で,
芥川の羅針盤の示す方へ,三島の情熱に駆られて。
そもそも,太宰=龍馬=九郎義経=空海の,それは復活劇として,
はたまた,岡潔=伊藤博文=チンギス汗=妖僧文観との対応に。
以上なコダワリを見せては,やはりイスキリ(イエス・キリスト)の
復活劇を連想させる彼は結局何人もの役を妖僧としてもとめたのだ。
イスキリとは例えば諏訪湖に眠るとゆう菱形の信玄墓のように。
大国魂とゆう言い方は変だなあと思っていた。伝説としてある意味,
ああゆう信玄墓のようなシェルターを通してしか大国魂にはなれない。
伝説を言説として説話としてみるにつけ,神話らしい神話には,あまり
常識らしい常識は通用しない。オーガニックでも,信仰でも,眠りでも,
余裕をもって生きる事でもない,伝説を活きるとは,黄金伝説のように。
堅牢に頑強で集中して『一変感謝。』本当に,ありがとう!とそう言って,
辞世を奏でるような。GOLDとはかくゆう求められる象徴のように出来て,
何が本当だろう?敢えて訊きたい。業=芸術?嗜好=暮らし?そうして,また
換気=清浄のような自然?なので,ほんとうに芥川のコンパス,とはゆうけれど
伝教大師=最澄上人による,朝=題目の,夜=念仏に,昼=炊飯がよいのだけど,
芸術から暮らしより自然に到るこんな朝昼夜の季節変遷を辿る,芥川のコンパス。
だから,ヨーロピニアリズムに,フラ・アンジェリコの天使画や,マッキャベリの
生き方。そうしてサド侯爵に至るまでのありとある,赤レンガの丸屋根天井の姿。
この,木戸孝允のヨーロピニアリズムに,伝統美の三島文学を足してこその,
『芥川の羅針盤の示す方へ,三島の情熱に駆られて。Europeanist&Buddhist』
漱石先生と太宰の影に,龍馬のキリシタンvs.太閤秀吉の姿をみた時なども,
アロエを火傷に効くからと言って,大黒さんの傷はアロエ・ヨーグルト。など,
呟いてみるのも,三島文学の裏の記憶にはヤコブ・ピラトゥスのような,あの
赤く灼けた岩の記憶。赤子岩とも呼ばれる彼の焼けた記憶の中に戦禍をくぐる,
ハンス・カストルプの幻影を常に意識していたからではないのだろうか?マンは,
ヨゼフ的な父性の記憶を宿しているけれど。灼けることと水で冷やすことと,また
動物=野性と,植物=裏宇宙の対比のような,もっとマクロな視点でみれば,
人間の右脳と左脳の換わり方の端を発して,昼と夜の宇宙的観照に移り,つまりは
表と裏。宇宙は表側と裏側を有しているとの視点。朝から昼,夜に移り換わり,その
芸術から暮らしより自然に到る。自然のレンズ状になったお椀を,暮らしの水が湛える
芸術の神とは朝に訪れるLONDONの汽笛の遠鳴り。煙ではないよ。煙ではない。白い,
あれは蒸気なのだ。水蒸気。こうやって,若き漱石と話しながら歓談し珈琲を呑む。
こんな彼が来たときは同じ想いをしたものだ。則天去私は喜びの放棄ではなきにしも,
情熱のLONDONを観たあとでは,もう暮らしの羅針盤は要りませぬ。そうして,自然へ
還る。こんな灼け岩に水は無駄だから,眠りに夜を慰めに。もう,いつかそうやって,
話したことは,『芥川の羅針盤の示す方へ,三島の情熱に駆られて。Europeanist&Buddhist』,
多分英仏海峡を渡って何時も贈ってる。


コメント

こちらも如何?

発想する八艘。

たぶんとんでも。

月と,この星。

頭の回転=思考角質化。