スキップしてメイン コンテンツに移動

芥川のコンパス,三島のドラ。

芥川の羅針盤の示す方へ,三島の情熱に駆られて。
『近江屋事件のあった当夜,龍馬の脳髄には,
 桂小五郎の訪れを見た瞬間凍り付いた記憶が。
 桂の姿を見た時,龍馬の心中お察し申し上げる。』
こんな,その夜,龍馬の供にした食事の中に,塩ブリ
のあったことを,そうして,その裏に睡眠薬の貼ってあった
ことなどを察して,僕は,ひたすら彼がLONDONまでの
道程を,船底にムシロに横になって朧ながら波の打つ音。
『芥川=ヘロデ王は,頼朝の時世,武家政権を建てた時分に
 もう,人の役に立つことを決めた。龍馬=九郎義経を以降,
 討つ気配はないのだから,ヘロデ王の自作自演のイスキリの
 パノラマのような。三島は三島で,太宰を訪ねた時には,もう
 殺意はなかった。そもそもなかった。三島=桂氏は,
 太宰=龍馬の盟友。』で,
芥川の羅針盤の示す方へ,三島の情熱に駆られて。
そもそも,太宰=龍馬=九郎義経=空海の,それは復活劇として,
はたまた,岡潔=伊藤博文=チンギス汗=妖僧文観との対応に。
以上なコダワリを見せては,やはりイスキリ(イエス・キリスト)の
復活劇を連想させる彼は結局何人もの役を妖僧としてもとめたのだ。
イスキリとは例えば諏訪湖に眠るとゆう菱形の信玄墓のように。
大国魂とゆう言い方は変だなあと思っていた。伝説としてある意味,
ああゆう信玄墓のようなシェルターを通してしか大国魂にはなれない。
伝説を言説として説話としてみるにつけ,神話らしい神話には,あまり
常識らしい常識は通用しない。オーガニックでも,信仰でも,眠りでも,
余裕をもって生きる事でもない,伝説を活きるとは,黄金伝説のように。
堅牢に頑強で集中して『一変感謝。』本当に,ありがとう!とそう言って,
辞世を奏でるような。GOLDとはかくゆう求められる象徴のように出来て,
何が本当だろう?敢えて訊きたい。業=芸術?嗜好=暮らし?そうして,また
換気=清浄のような自然?なので,ほんとうに芥川のコンパス,とはゆうけれど
伝教大師=最澄上人による,朝=題目の,夜=念仏に,昼=炊飯がよいのだけど,
芸術から暮らしより自然に到るこんな朝昼夜の季節変遷を辿る,芥川のコンパス。
だから,ヨーロピニアリズムに,フラ・アンジェリコの天使画や,マッキャベリの
生き方。そうしてサド侯爵に至るまでのありとある,赤レンガの丸屋根天井の姿。
この,木戸孝允のヨーロピニアリズムに,伝統美の三島文学を足してこその,
『芥川の羅針盤の示す方へ,三島の情熱に駆られて。Europeanist&Buddhist』
漱石先生と太宰の影に,龍馬のキリシタンvs.太閤秀吉の姿をみた時なども,
アロエを火傷に効くからと言って,大黒さんの傷はアロエ・ヨーグルト。など,
呟いてみるのも,三島文学の裏の記憶にはヤコブ・ピラトゥスのような,あの
赤く灼けた岩の記憶。赤子岩とも呼ばれる彼の焼けた記憶の中に戦禍をくぐる,
ハンス・カストルプの幻影を常に意識していたからではないのだろうか?マンは,
ヨゼフ的な父性の記憶を宿しているけれど。灼けることと水で冷やすことと,また
動物=野性と,植物=裏宇宙の対比のような,もっとマクロな視点でみれば,
人間の右脳と左脳の換わり方の端を発して,昼と夜の宇宙的観照に移り,つまりは
表と裏。宇宙は表側と裏側を有しているとの視点。朝から昼,夜に移り換わり,その
芸術から暮らしより自然に到る。自然のレンズ状になったお椀を,暮らしの水が湛える
芸術の神とは朝に訪れるLONDONの汽笛の遠鳴り。煙ではないよ。煙ではない。白い,
あれは蒸気なのだ。水蒸気。こうやって,若き漱石と話しながら歓談し珈琲を呑む。
こんな彼が来たときは同じ想いをしたものだ。則天去私は喜びの放棄ではなきにしも,
情熱のLONDONを観たあとでは,もう暮らしの羅針盤は要りませぬ。そうして,自然へ
還る。こんな灼け岩に水は無駄だから,眠りに夜を慰めに。もう,いつかそうやって,
話したことは,『芥川の羅針盤の示す方へ,三島の情熱に駆られて。Europeanist&Buddhist』,
多分英仏海峡を渡って何時も贈ってる。


こちらは如何?

SEED is Here.

キーボードが光っているから幸いに。いまも, 月はCloud機能たくましく,お茶ボトルを直射月光に。 緑は,豊かに神さまなので。やっぱり,グリーン・テンダネス。 葉っぱを愛でてもめでなくっても,お茶にタタられるとゆうことは あんまり聴かない。神さまは地中をあるいはInAir通過して届く, 通奏低念ならぬ,通過するそれはグリーン・テンダネス。業の泉。 通過するグリーン・テンダネスの拡がって,業の泉=世の中。また, 決して,オリジナリティを見つけたわけではないしても,柑橘の花。 オリジナリティは,シュタイナーにしてみれば甘酸っぱいものだけど, 僕らにしてみれば,ほろ苦い。きっと,柑橘の茶葉も啜れば,苦い。 緑は,豊かに神さまなので。やっぱり,グリーン・テンダネス。 世界は,終わらない。とゆうよりも神さまの緑にしてみれば。それは, 終るどころか,母体は彼女(彼)に,あるのだから彼女(彼)にして, かくゆう,自然一体化を促すSEEDを求める。 月が綺麗な夜でした,SEED is Here.
きっと,菩提樹とゆうけれど。神秘の門前には,門衛のいつも。いつも,
見詰めるその先には。門衛のいつも見詰めるその先には。葉っぱを愛でても
めでなくっても,お茶にタタられるとゆうことはあんまり聴かない。
神さまは地中をあるいはInAir通過して届く,通奏低念ならぬ,通過する
それはグリーン・テンダネス。業の泉。だから,菩提樹はいつも着いてくる。
緑の香り,ベートーヴェンのソナタの緑の香り。あれは守護神で,いっつも,
庭木のどれかから,着いてくる。だから,引っ越しても定住すれば,いっつも,
菩提樹はいつも着いてくる。緑の香り,ベートーヴェンのソナタの緑の香り。
棲めば都のいつも緑の香りは故郷のそれなのは。神さまは緑で,いっつも,
地中をあるいはInAir通過して届くグリーン・テンダネスの拡がって,なので。
お茶っぱを噛んで歯痛を治すのはよく聴いたことはあるけれど,バナナのジュレを
口にして,病をなおすのも。今度,調べてから,柑橘の葉っぱを噛んでみよう。
通奏低念ならぬ,通過するそれはグリーン・テンダネス。


キーボードが光っているから幸いに。いまも, 月はCloud機能たくましく,お茶ボトルを直射月光に。 緑は,豊かに神さまなので。やっぱり,グリーン・テンダネス。 葉っぱを愛でてもめでなくっても,お茶にタタられるとゆ…

リアルな画,

リアルな画を撮るべきか,あるいは。 画をリアルに描くべきか。そんなら 存在論は,ベーコンと卵は要らないから, それより。不思議と煮込みと燻製チップのそれより 刃物の澄まされた春の光に宴を与しよう。 うつろに開かれた眼からは存在の香りは してはこない。してはこないが,存在論の目的を, 狙いすまされた,存在論の終幕のにおいはしてくる。
ぞんざいな,燻製チップの樹の叫びさえ, 宴に供された食物の冥想さえ,もう届かない。 日本の美は,ところどころに僕を追ってきて,その 世間とは何か,あの問いを,そのままジッとみつめる, 答えとしてトゲトゲした観葉植物の祈りで応えてくれる。
有終の美を飾るのなら,澄まされた春の光でいけとは。 こころならず,存在論の幕開けは燻製チップの煙では 始まったのだけれどもそうゆう。 あぐらをかいては,ドクダミ茶すする。そんな, もったいつけて,ゴボウチップス誘う夕べの漬物は きゅうりの奈良漬。
リアルな画を撮るべきか,あるいは。 画をリアルに描くべきか。そんなら 存在論は,ベーコンと卵は要らないから, それより。不思議と煮込みと燻製チップのそれより 刃物の澄まされた春の光に宴を与しよう。 うつろに開かれた眼からは存在の香りは してはこない。してはこないが,存在論の目的を, 狙いすまされた,存在論の終幕のにおいはしてくる。
リアルな画,ゴボウチップス。





構築座標,

構築座標はコントロールできない,
モノレールの運行のようなもの。まるで,
”思考は,観察できない。”とゆう,
きりきりの所で,待っている。
構築座標はコントロールできない,
天体の上を歩く,まるで,星の王子様,
そうして,自然は『自由』とあいまって,
紅い花と,白い花。混ぜて咲くの,
薔薇とカスミソウを束ねて。

神さまは,『自然一体化はシンプルなもの, 山紫水明と言って,豊かな自然をみる。』とは ゆうものの出来れば自然に目を向けていたい, こんな夏の碧を眺める,遊興な心持には,そうして。 そんな頃合いには不思議と,お餅をたべる。詩の, 偶数を捜す,詩の雑煮を頬張る。もとは, ああゆう,グリーンな出処に,赤い薔薇の蕾があって, そんな,遊興な心持には,そうして。たぶんもって, 『自然一体化はシンプルなもの, 山紫水明と言って,豊かな自然をみる。』とは ”自我”とゆうものあるなれば,それは水晶のごとき, そんな宝石を,マグマに還してしまう。
構築座標はコントロールできない,
モノレールの運行のようなもの。まるで,
”思考は,観察できない。”とゆう,
きりきりの所で,待っている。
構築座標はコントロールできない,
天体の上を歩く,まるで,星の王子様,
そうして,自然は『自由』とあいまって,
紅い花と,白い花。混ぜて咲くの,
薔薇とカスミソウを束ねて。

根の堅州国より還る,とゆうのは, 脱出にも似て,『帰還する』,ある意味, モノレールの運行を終えては辿りつく終着駅。 運行する,そのままの運行をジッとみる。それは, まるでその運行には換えがたい絶対的客観性のあるとゆう それは,評価の構築座標で,”思考は観察できない。”って。 けだし,コントロールしたいときはどうしたいのだろう? もちろん,トゲトゲの薔薇の樹をみて,嗅ぎたいのだ。 だから,触るときには注意して,評価軸は換えない,それは 天体座標をみるときのように,客観的で,そうしてそれは, 構築座標はコントロールできない, モノレールの運行のようなもの。まるで, ”思考は,観察できない。”とゆう, きりきりの所で,待っている。 構築座標はコントロールできない, 天体の上を歩く,まるで,星の王子様, そうして,自然は『自由』とあいまって, 紅い花と,白い花。混ぜて咲くの, 薔薇とカスミソウを束ねて。