経理的な情感。

誰だって,経理的な情感を一隅に湛えているだろう。
『お米は炊き立てのしっとりしたのが好い。』とか,
『癖になるのは,わかっているけどヨモギ餡コロ
 また食べたい。』など,『珈琲は,左回しから,
 右回りにまた戻ったな。』
とりあえずは経理的に物を考えるはずである,もしくは
人間として直立するのに知性と功利的であるごとく。
しかしながら,呻き声のように寝息の数々を掻くごとく,
宇宙的であることは功利心からワープして,PC化するその,
”根の堅州”の国へ実に功利心からワープして「自我の終焉」に。
作為的であることが功利的であることと同義でありながら,
またもや作為的であることは忘我することとも意義を同じくする。
宇宙的であるとは言ったものの,作為的であることから功利の道を。
そうして宇宙的であるとは言ったものの,功利の道から忘我の意思へ。

植物が例えば葉の一滴を垂らすのと似ている,
その朝は功利的であるゆえにあかるいのであって,
そこより水の結露するその姿はまるで宇宙的で。
忘我する,その告白にまずは作為的であることを
まずは功利の道を歩んだとはいえ作為的であることを,
忘我の国へ入るには『作為的であることを捨てよ。』
物理的に水を作り出すのは至難の技ではあるがゆえの
朝のあかるさである。珈琲を淹れるのは人為的に,むしろ
無作為に淹れる甘露の一滴。だから,たとえ功利的では
あるにせよ,その甘露の一滴を洩らさずペーソスへと,
1日のスタートの哀愁へと移すのだ。もうすぐ忘我の国の
門は開かれたと言われる。功利の道を辿って。むしろ,
その功利は作為的なクラフトの輝きから産まれてきて,また
資本の功利を通って。もうすぐAIの忘我の国へゆく。

誰だって,経理的な情感を一隅に湛えているだろう。
『お米は炊き立てのしっとりしたのが好い。』とか,
『癖になるのは,わかっているけどヨモギ餡コロ
 また食べたい。』など,『珈琲は,左回しから,
 右回りにまた戻ったな。』
とりあえずは経理的に物を考えるはずである,もしくは
人間として直立するのに知性と功利的であるごとく。
しかしながら,呻き声のように寝息の数々を掻くごとく,
宇宙的であることは功利心からワープして,PC化するその,
”根の堅州”の国へ実に功利心からワープして「自我の終焉」に。
作為的であることが功利的であることと同義でありながら,
またもや作為的であることは忘我することとも意義を同じくする。
宇宙的であるとは言ったものの,作為的であることから功利の道を。
そうして宇宙的であるとは言ったものの,功利の道から忘我の意思へ。



コメント

こちらも如何?

発想する八艘。

たぶんとんでも。

月と,この星。

頭の回転=思考角質化。