根本的にひとつとは。

『根本的に,ひとつとは,
 ロダン=ジョット=ウェルキンゲトリクス=フランソワ・ラブレー,
 =スウェーデンボリの,ミカエル・アーサーキング・マーリン時代からの,
 5&18のミハイル・マナス。カオスの時代から,いよよと以て,第五惑星の
 訪れか。基本的に木星の訪れとはそうゆうものだ。』郵便受けに,こんな
置き描きを読む。ロダンの”地獄の門”は,ダンテの『神曲』からの,着想かぁ。
そんな,勉強をしている。平和の訪れに,第五惑星に訪れに,木星の来訪は,
5&18のミハイル・マナス。

平和は,得るものではなく,与えられるもの。
これが,シモーヌ・ヴェーユの語る,恩寵か。
そんな気がして,筆を折る。筆を折るのは,
格好の好い事と受け取られている節があるけれど,
画を描いてなくっても,筆を折りたい事があるだろう。
”平和の訪れ”に。

平和の訪れる時には,何だか,恩寵,平和そのものの,
”与えられている”気分になる。”輝き”なのだろうか?
その”徳”と言われる事も出来る”恩寵”は,何かの輝きにも
似て,以て非なるもの,それは確かに,温かい,必要とあれば
”眩しい”,そうして,また,恩寵は,密やかに行われる祝祭なのだ。

目の前に,”時間”以上の何か,得も言われぬ温かさの浮かんでいる。
それは,目をはなすと,常に温かさとして心の中に佇んでくれる,また
問いかけてみよう。”あなた自身,あなた自身。”確かに,『影』の論理は,
心理学に見受けられる,そうして,”光の論理”も,またあるのだろうか?
それが,『影』を超えた”光”であるならば,『”私”』は,”一体,誰?”と,
”双子太陽”さんのような,”土偶”さんのような,そんな熱源体である。

あるいは,また雨の日に呑む豆乳オーレ。
またあるいは,あられの夜に頂く柚子かき餅。
そうして,ヨモギを蒸しては戴く,草団子の,
タンポポの花を摘んで,食用菊をつまむ夜に,
その熱源体は産まれてくる。そうやって,”土偶”さん,
早く,世界に希みを持って,出かけてよう。
”The Hope”の絵のような世界でも,もう世界画家さんは,
筆を折りましたよ。そうやって,食用菊は,むしろ
コンニャクのお造りに付けますから,安心してお上んなさい,
スクワットをして,大地踏みしめ,階段のぼり,
玄関を出る。

『根本的に,ひとつとは,
 ロダン=ジョット=ウェルキンゲトリクス=フランソワ・ラブレー,
 =スウェーデンボリの,ミカエル・アーサーキング・マーリン時代からの,
 5&18のミハイル・マナス。カオスの時代から,いよよと以て,第五惑星の
 訪れか。基本的に木星の訪れとはそうゆうものだ。』郵便受けに,こんな
置き描きを読む。ロダンの”地獄の門”は,ダンテの『神曲』からの,着想かぁ。
そんな,勉強をしている。平和の訪れに,第五惑星に訪れに,木星の来訪は,
5&18のミハイル・マナス。

コメント

こちらも如何?

発想する八艘。

たぶんとんでも。

月と,この星。

頭の回転=思考角質化。