何とゆう,夜の不思議さ静謐さ。

アンチ・ソラチンとかゆう日焼け止めみたいなのが,昔は
あったって,誰かの対談集か,エッセイのようなもので見た,
そんな折り,『ソラチックに居るのならば,胃腸を快活に。』
そんな,メッセージを受けて,例えば,谷崎潤一郎,彼の悪魔主義,
自嘲,ソラチックに居るべきだ,そうして,神とは何か,善良では,
いいや決してない。業とゆう者と闘う,それが神なのだ。そんな,
こんなの自嘲自戒を繰り返してはいるけれど,例えば朝の祈りに,
平和の頂を,太陽の光に感じたりもする,あぁGroundingとは言え,
それはもう,情熱をいきることでしかない。そんなこんなを,思ったり。
そうして業と出会う。自らを取り巻く,業と。その群像彫刻のような,
もくもくと,暗雲タレ込む鬱蒼とした森の中を進むように,やっぱり,
Groundingとは,業と闘う。業と暮らす,そうして業と共にある。そう,
鬱蒼とした森の中を進むように,時おり白百合の匂いなんかがどこかから,
業と共にある,これこそが生きることのイわれでもあって,そうして,
だから,情熱=業=ソラチックに,これはやはり三位一体的な”生きる”べしの,
発想と親いものがあるので,ぼくらはまた,青汁を健康飲料として呑むように,

ただ,夏には水風呂に浸かる。浸かるのは電気代の省エネにつながるとは言え,
それが目的ではなかったのだけれど,決して心地よいものの外ではない。だから,
白百合の匂いがしてくる,日も陰タチ込めて,段々とアカネの色から暗くなってくる,
またも双子宇宙の入れ換え時,皆の引っ越し風景の始まる夜更けのやって来る。
業も自然にそれと共に生きていれば,それがいわゆる”省エネ”なのだと気づく,うん,
省エネに目的性があるかと言えば,やっぱりそれはケチ根性とゆうより,”省エネ”の
そのもの。ある時は使い,あるときは離れる。太陽と地上の関連をクマなく見れば,そう,
離れる夜更けにあって,もう人は”業”からも,”情熱”からも”ソラチック”からも,または
”祈り”や”平和”からもさえ離れてる。そうゆう”夜”を何と言ったか?それは,クマなくまた
調べれば,やっぱり”双子宇宙”の別の階層なのだからイタって平然と平和を生きればよい。






コメント

こちらも如何?

発想する八艘。

たぶんとんでも。

月と,この星。

頭の回転=思考角質化。