最遊次元は, 脳髄まで溢れてる

以前,人形焼=BAKED MASCOTTで個展をさせて頂いた折にも,
何故,~焼,とゆうネーミングは使われているのだろう,思いながら,
不可思議に首をひねって,展示をさせていただいたものだ。さっそく,
弟のイスキリ=弘法大師空海=九郎義経=坂本龍馬=太宰治氏の,せっかく,
私小説らしい『富岳百景』を,好んで読誦する,その妄想を楽しみながら,
ミカエル思考=虚体的妄想と,段々に情緒的発想を楽しみながら,さすらば,
またも,妖僧文観=チンギス汗=伊藤博文=岡潔先生の生れ変わりに親い,
そんな景色を愛でながら,また前者=今川義元の,そして後者=古田織部で,
今川焼とは,だから,京都の重鎮が,奈良への転生を繰り返す,そんな,
大ナムチ(ヤマタノオロチ)⇒大黒さん(サナト・クマラ)への転生を繰り返す,
焼かれていった,それはRED BEANS CAKE,紅豆餅=今川焼の姿なのだ,僕は
家の近くにある稲荷さんに,遠い歴史を挟んで,妖僧文観の墓であるような気のする
かつては後醍醐天皇も,あの大神山を臨んで,薄いお酒でも嗜んでいる,そんな姿を
ひたひた,と映る自らの顔に,ぽつ,と木の芽などが落ちて”あぁ,愉快。”こんな風

今日は,風疹のワクチンを接種受けたもので,何だか妙にハイなので,帰りに,
ウィンナー・デニッシュなどを買い込んで,うちカフェを楽しんでいる。その折,
ルビー・モレノ,アル・パチーノ,エリック・クラプトンのようなイタリアーノ,
ミラノ・コレクションのような発想しか思い当たらない自分をみて,あぁ,そうか。
いくら食べきれても,足りないのだ。もっと京都に戻りたい。なぜだか,ヤマタノオロチ
の彼の神さまはどこまで,どうしたって存在している。どうしたって,とゆうのは多分,
このままお風呂に浸かってしまえば,また一層のそんなインパシー,テンパり多分一層
ロマネスクな気分にもなるのだろう,ヤマタノオロチが自分の中に存在している,それは
誰だ?なんの自己同一性だろう,そうして京都に戻りたい。なんてゆうのは,だから。
いくら食べきれても,足りないのだ。一日中貼っていたガーゼのシールを,剥いでから
お風呂に浸かろう,そして木の芽を食べる新緑のシマリスのような心地で,それはもう,
京都に戻り,泉に浸かり,抗体に脳髄までひたろう。


コメント

こちらも如何?

発想する八艘。

たぶんとんでも。

月と,この星。

頭の回転=思考角質化。