三島アルカポネリスム。

トーマス・マンに与することは多いだろうけれど,その
『魔の山』にモチーフ化された富士療養所の闘病紀行文は
日本のロマネスクのモチーフに源泉として響いていた。
三島はフグのテッサのように調理されて世を去って逝ったのだ
木戸孝允はタイのハヌマンのような壮絶な終りのゆきかた
サド侯爵,ああ彼は,まるでロマンチシズムのみなもとで。
マッキャベリズムと修道士のフラアンジェリコを足して2で割り,
そうして出来上がったのは日本の美なのだ。確かに,集合魂的では
ある,日本の食文化からヒューマニズムに換わる何かにさえ,ほんとに
集合的なあり方をしている。だから,それらを変えるとゆうテーマでなしに
包括的に集合するその物事以上に,何かを変える手段は敢えてない。
融け合う,これだけなのだ。自然を神として祀る,これ以上に本来の
マッキャベリズムを超える,あるいは同化している何かはあり得ない。
自分たちの卑下とゆうスタートではないのだけれど,酵素的な人間自立以前に
それらは,やはり水の低い所にながれる。あの,それはもう,融け合う外ない。

固定してしまうとする,例えば年齢に応じて,僕は固定してしまうとする,自らの
反射機能や,その精神自態を。そうして,ロイヤルの獅子の意味を探るのだ。その
中には,ロマネスク以上に,何らかの加持祈祷なる回帰飛翔など含まれている。そう,
だから,回帰飛翔などに相対して,自らの固定された反射機能や,その構造などは
だから,元来飛翔さるべきものとして,獅子の像を形成している”そんな夢”を,または
木の目の照り返った陽光に比された闘病記的ジャパンロマネスクに到着点を定める。
やっぱり何かしらの宇宙飛行して次の宇宙に移るとき,それは全快した決着する酵素の
桑実態と何かで聴いたことはあるけれど,自らの2度産まれ2度なくなる,その間には,
精神構造その実体自態が構造として産まれる,脱皮ではない,細胞分裂の以前に,その
ホムンクルス嗜好の高い,産まれる時に新しい精神の生まれる。そうゆうロイヤリティを
是非とも体験したいのだ。胃腸全快,天地爽快,泰山自若の山河翠明,その滝の停まる,
停まった先には,花鳥風月も停止する。そんな瞬間を心待ちにして2度産まれるのだ。
珈琲は熱いが良しとする。そうゆうことではないときもある。ショコラータにしたい。
そうゆうことだってあるのだ。停滞して,ロマネスクに舌鼓する。こうゆうことって,
あるのじゃないか。

コメント

こちらも如何?

発想する八艘。

たぶんとんでも。

月と,この星。

頭の回転=思考角質化。