若竹煮と珈琲。 エロイカと無伴奏。

業のカスタード・ケーキを頂いて,そうして,あの
春の夜明けに,グリーン・ティでも,いっぱい啜って,
緑の桶の中に浸かり込みたい。緑は咲いている,また
とろけるような調子で砂埃たちは陽光に散らされている,

LONDON ONE,見事に漬かり切った,あのアラベスクの
尖塔突端の,ぼくはシナモン・ビスケットを,あまりにも
多く食べ過ぎていたみたい。そんな,化学反応でもあるのか,
人生に,麦芽の栄養を必要とし過ぎたみたいだ。ネギ抜きを,
収穫のことをそう呼んでいるけれど,ネギ抜きをしていると,
なぜこんなにも,身体が重いのか,ヨークシャテリアの,
よくKnightの称号に,鐘を鳴らした,Ding-Dong...。
あの,だから,BIG BENに潜むリヴァイアサンのような,
BEN REDとゆう神獣さんのまたどうにかして,その存在は,
別様に,命を奪うようなことはしない,生命ありきの存在だ。

だから,フレーバード・ウォーターのような,植物水を,
例えば,キウイのツル,ネギの葉先,ヘチマ水のようなものへ
求めたとして,いたってそれは,ココナッツ・ウォーター。
麦芽の神さまを痛めるような,別様に,いやなにおいもない。
だから,天津神や国津神,平安と鎌倉,埴輪と土偶の違いのような
そんなヤマト・イズモのバランスを言われても,僕は,困って,
ならば,パーテージの少ない方へいつも偏っていこう,と向かって
反対の方へ,Converseへ向かいAdjustmentに”The Star”の
フォーチュン・カードを引こう。

業のカスタード・ケーキを頂いて,そうして,あの
春の夜明けに,グリーン・ティでも,いっぱい啜って,
緑の桶の中に浸かり込みたい。緑は咲いている,また
とろけるような調子で砂埃たちは陽光に散らされている,

どうしたって,大黒さんの背負っていた重い荷物は,
小槌とセットになったって,重たいまんまだから,そうやって
緑の匂いを嗅げる,新緑の初夏に到るまでの青い季節に,
僕らは,他者依存,外界依存,季節依存の中をもぐっていく。
タケノコは今から,”Ding-Dong”若竹煮にして頂こう。これは,
本当に地産地消だ。緑の酵素。これが,青い季節の憚りなく,もう。
美味しい,珈琲と若竹煮。そうして,ベートーヴェンと,あの,
響くようなバッハ無伴奏があれば良い。もってのほかに,ない。そう,
その無伴奏エロイカなる,グールドの変奏曲も限りなく良い。また,
無伴奏はアンナー・ビルスマの演奏は芸の極致だ。

次々,やってくる春。

コメント

こちらも如何?

発想する八艘。

たぶんとんでも。

月と,この星。

頭の回転=思考角質化。