段々春風,吹く間。

暖かくなって,(今日は25℃まで上がるそう。)
家の天井板の,ピキ,ピキ,音を立てている。
フキノトウが起って,桜は散っている。
川の淀みがエメラルド・グリーンにまで
浮かび上がって,またいつかのように,ウグイの
紅くなったのなどが釣れそうだな。
自然一体化=忘我の告白より以上の,傍若無人な
春になって,段々春風,吹く間。

本を読むくらいなら,考えていたい。
そうやって,平安を願う,そんな存外自然描写を好む,
この性質が改めて認識されて,確かに,閃きによって,
思い浮かぶように,ふ、と。
溜息のように化学反応する表現は,春の息吹のように
のどかで暖かいかもしれない。
存外自然描写にそうゆう閃きを常に求めていたのは,
自分で気づかないくらい,『化学反応』を求めていた。
継続性を,芸術とは,
『練り続け,想起して,打ち続ける。ノミ,彫刻,靴底。』
続ける,とゆうことに,何よりも思考の糧を促すのなら
芸術は,やっぱり段違いに,耐え抜くこと,それと堅いこと,
それから,きしむこと。

暖かくなって,(今日は25℃まで上がるそう。)
家の天井板の,ピキ,ピキ,音を立てている。
フキノトウが起って,桜は散っている。
川の淀みがエメラルド・グリーンにまで
浮かび上がって,またいつかのように,ウグイの
紅くなったのなどが釣れそうだな。
自然一体化=忘我の告白より以上の,傍若無人な
春になって,段々春風,吹く間。

コメント

こちらも如何?

発想する八艘。

たぶんとんでも。

月と,この星。

頭の回転=思考角質化。