頭の回転=思考角質化。

頭の回転を良くしながらも,思考の角質化を防ぐ,そんな在りかを探そうとして,珈琲を呑む。忘我を,例えば無我の境地で散策するようにして,とある,その冒険のような1日を過ごすとして。淡々,恬淡,飄々を,標榜して,頭の回転を良くしながらも,思考の角質化を,防ぐ。カリオストロの父性を,プルーストの神性に照らす,ウィリアム・ブレイクのディレクションに掲げれば,そのマグダレーナの聖母に還る,またバルタザアルに順ずる。浸潤するその過程で,フィルターが形づくられる,それは,角質化思考の高速回転する頭脳ではなくって,父性から,神性をディレクション概念化の移す。みたまでは脆弱だ。しかしながら,みたまの風の吹かなければ申し訳ない。

基本的に,エンジニアリングのない想定内でコミュニティはつくられていくものだから,いつも写真共有をしながら,周知の事実としての評価確認としての自己評価によって,写真評価のポイント制通貨に交換経済的な発想に,農業者も加わって食材のシェアをすると良い。エンジニアリング,農業,写真通貨の三本立てで農業者も気のはやる美味しい経済のできると良い。菜食主事とは言わないまでも,現在のコミュニティにエンジニアリングの加わらない所を観じるに,健やかな食事,健やかな食事,写真2枚とサツマイモの交換できるような経済の胃腸にさわやかな,それはやっぱり忘我の告白的な発想が良い。それは,珈琲を呑むときの。

みたまとゆうのは,思考に栄養を加えるが,とどのつまりはコラーゲン的な,犠牲者像の親い者である。祈りの思惑に,取って付いてくれた恩寵のようではあるけれど,まるでその追悼は慈悲深さを連れてくるそんなみたま。みたまでは脆弱だ。しかしながら,みたまの風の吹かなければ申し訳ない。それは,もう良いじゃないか?そう,呟くのである。もう良いじゃないか?そう,償いとはまた,世界の業の運び手,到着したのだ,荷造りは解いて,水浴ホテルに泊まろう。

コメント

こちらも如何?

発想する八艘。

たぶんとんでも。

月と,この星。