月と,この星。

雨上がりの春の夜明けには,小鳥たちのさえずりがなつかしく
輝きはかがやいて,ピタピタと,響いてくる。
こんな雫の落ちる最中,地球に溜まった水分の酵素質は,きっと
神秘学にゆう”ルシファー”的な要素で,また隠れはしているけれど,
太陽に潜む熱射線のような熱体質は”アーリマン”なのだと,気付く。
この月と,この星を活きる僕たちには両者を取り入れていきることは,
必須項目のように感じられ,それが,現代のまた,”ソラト水”と”アスラ陽”の
間を行ったり来たりするこの,Groundingとゆう意味のことなのだ,と知る。
自ら”悪”として,Groundingしていきるとゆうことは,ただシンプルな,
この星と光りと水の中に潜む酵素質の中を活きる,とゆうそれだけの事なのだ。
雨水で珈琲を淹れるような,そんなことはまさかしないまでも,雨水で飴を
まさか練りはしないまでも,雨水が,小鳥たちに珈琲を淹れてあげたり,
炊飯などしているイメージは容易にするから,浄血作用や,排毒手順などを
講じる前に,雨上がりの春の夜明けには,小鳥たちのさえずりがなつかしく
輝きはかがやいて,ピタピタと,響いてくる。

パンタグリュエルのラブレー。霊界日記のスウェーデンボリ。ウェルキンゲトリクスは
緑の萌える砦の上で必死に妖精の匂いを嗅いで,ジョットの天文学的絵画要塞,そして
ロダンによる言葉の日本における数々の軌跡のそれはMichael,彼はミカエルの姿。

アレクセイ・ミハイロヴィチはピョートル大帝とエカチェリーナ1世の父君だけれど,
白金に光るその清純な軌跡はまた,貫徹する意志の奇跡の礎。また,カール・マルテルの
籠城しても敬虔に耐え抜く兵士の方たちの純真さには,やはり神の奇跡。そうして,また
その敬虔さは,彼ら”神”を称えたMichaelのウェルキンゲトリクスへと直結する。
深緑からの森の匂い。そこから遣ってくる数々の理性的直感。もうすぐ,遣ってくるだろう,
夏に備えて,衣替えをする自然の姿。

LONDON ONE,漱石=道鏡=太閤秀吉=小林一茶=源実朝=平宗盛=後醍醐天皇の
そのままその姿は”アウグストゥス=バルタザアル賢者”のライオン像。とんでもな話,
それは,そうだけれど今はない高輪のホテルに滞留していたその姿を思うたびに,それが
誰であれ,”アウグストゥス=バルタザアル賢者”だなぁ,と感慨深く,ライオン像とは
その髭を生やしたヨークシャテリア,憚らない言い方によって,LONDON ONE。

言葉の数には及ばないけれど,樹々の皮の間からことことと洩れだす,
そのフィトンチッドの香りの数々を嗅いでは,また掌を擦り合わせ,カロリー計算などを
しては,また掌を擦り合わせる。たいていカロリーの高いものは,お腹持ちの良いものだ。
システムは,より以上に,その表現である数値以上にシステム的であるから,物理も
評論も,そうゆう風に意味以上の意味を受けとらない程の,表現としてみるように,
つまり”システム>内容”でもあって,”システム<内容”の世界のようだから,意味や,
その範囲内の表現を,システム的により,システム以上にあるように。カロリー計算を
しながら,ただ呟いている。『ダルマ・シールド的だ。ダルマ・シールド的である。』

内面からの旅の修了は,外側に開気口を穴ほり,システム的に,物理数学的に,そして,
哲学的に”ダルマ・シールド”なる透明な,穴ほり後の轍を遺してすすむ,そういった,
ロマネスクな幌馬車の旅なのだな。

ようやく,頭を垂れ提げられそうな気のする初夏を迎える。

コメント

こちらも如何?

発想する八艘。

たぶんとんでも。

頭の回転=思考角質化。