スキップしてメイン コンテンツに移動

月と,この星。

雨上がりの春の夜明けには,小鳥たちのさえずりがなつかしく
輝きはかがやいて,ピタピタと,響いてくる。
こんな雫の落ちる最中,地球に溜まった水分の酵素質は,きっと
神秘学にゆう”ルシファー”的な要素で,また隠れはしているけれど,
太陽に潜む熱射線のような熱体質は”アーリマン”なのだと,気付く。
この月と,この星を活きる僕たちには両者を取り入れていきることは,
必須項目のように感じられ,それが,現代のまた,”ソラト水”と”アスラ陽”の
間を行ったり来たりするこの,Groundingとゆう意味のことなのだ,と知る。
自ら”悪”として,Groundingしていきるとゆうことは,ただシンプルな,
この星と光りと水の中に潜む酵素質の中を活きる,とゆうそれだけの事なのだ。
雨水で珈琲を淹れるような,そんなことはまさかしないまでも,雨水で飴を
まさか練りはしないまでも,雨水が,小鳥たちに珈琲を淹れてあげたり,
炊飯などしているイメージは容易にするから,浄血作用や,排毒手順などを
講じる前に,雨上がりの春の夜明けには,小鳥たちのさえずりがなつかしく
輝きはかがやいて,ピタピタと,響いてくる。

パンタグリュエルのラブレー。霊界日記のスウェーデンボリ。ウェルキンゲトリクスは
緑の萌える砦の上で必死に妖精の匂いを嗅いで,ジョットの天文学的絵画要塞,そして
ロダンによる言葉の日本における数々の軌跡のそれはMichael,彼はミカエルの姿。

アレクセイ・ミハイロヴィチはピョートル大帝とエカチェリーナ1世の父君だけれど,
白金に光るその清純な軌跡はまた,貫徹する意志の奇跡の礎。また,カール・マルテルの
籠城しても敬虔に耐え抜く兵士の方たちの純真さには,やはり神の奇跡。そうして,また
その敬虔さは,彼ら”神”を称えたMichaelのウェルキンゲトリクスへと直結する。
深緑からの森の匂い。そこから遣ってくる数々の理性的直感。もうすぐ,遣ってくるだろう,
夏に備えて,衣替えをする自然の姿。

LONDON ONE,漱石=道鏡=太閤秀吉=小林一茶=源実朝=平宗盛=後醍醐天皇の
そのままその姿は”アウグストゥス=バルタザアル賢者”のライオン像。とんでもな話,
それは,そうだけれど今はない高輪のホテルに滞留していたその姿を思うたびに,それが
誰であれ,”アウグストゥス=バルタザアル賢者”だなぁ,と感慨深く,ライオン像とは
その髭を生やしたヨークシャテリア,憚らない言い方によって,LONDON ONE。

言葉の数には及ばないけれど,樹々の皮の間からことことと洩れだす,
そのフィトンチッドの香りの数々を嗅いでは,また掌を擦り合わせ,カロリー計算などを
しては,また掌を擦り合わせる。たいていカロリーの高いものは,お腹持ちの良いものだ。
システムは,より以上に,その表現である数値以上にシステム的であるから,物理も
評論も,そうゆう風に意味以上の意味を受けとらない程の,表現としてみるように,
つまり”システム>内容”でもあって,”システム<内容”の世界のようだから,意味や,
その範囲内の表現を,システム的により,システム以上にあるように。カロリー計算を
しながら,ただ呟いている。『ダルマ・シールド的だ。ダルマ・シールド的である。』

内面からの旅の修了は,外側に開気口を穴ほり,システム的に,物理数学的に,そして,
哲学的に”ダルマ・シールド”なる透明な,穴ほり後の轍を遺してすすむ,そういった,
ロマネスクな幌馬車の旅なのだな。

ようやく,頭を垂れ提げられそうな気のする初夏を迎える。

こちらは如何?

てんさい糖の蜜を頂く,手挽き・ドリップ・豆乳のあとに

懐手に,差し込んでみたいとは思いつつ,及ぶことなしに
それでもついて行きたいと感じる,そんな精神体のあることで,
本当は,打ち上げ花火を揚げたいので,そんな想いを感じているのか?
精神体を追いかけて,廃墟をくぐり抜けて,そんなサナカに,ふっと
打ち上げ花火を連想して,なんだ,お祭りがしたいだけだったのか。
我に返って,こんなことを思うのだ。風邪を引いているので,手挽きの
珈琲豆は扱えなかった。このきついのを毎晩のんでいたための,アレルギー
だったのか,と疑いもしつつ,それは生産者的な想いでの意味ではなく,
掃除を,ただして終わった後の脱力自味た心理を,そうそう庇いもせず,
ろくに珈琲も呑ませなかった,自分への八つ当たりを,今もしている。
そうやって,凝りなども溜まっていくのだろう。
自分のなかには,お祭り好きの,欲求のあふれていることに気づいた瞬間に,
何事も自分のうちからは無くなってしまった。
無くなった,いいや,空っぽに,現つ筒抜け,解りがたい難問をクリアした後で,
風邪を引き,いつになったら,珈琲を頂けるのやら?体調と,質問を繰り返しては,
こうやって,てんさい糖の蜜を頂く,手挽き・ドリップ・豆乳のあとに
などのことなど,思い浮かべ夢みるのである。

恋心,などのことを,描いているうち,それは心の奥で,やっぱり業の在処である,
そうやって,太田治子氏の『明るい方へ』なども,もういちど紐解いてみよう。彼は,
太宰は,とは言って,歴史上”太宰”と呼ばれる,津島さんは,その,作家名の独り歩きする
現代を,どう見ているのだろうか?

虚構だな,そして上滑りしていく夢のうえにも砂上の楼閣のようだ。
だから,恋心は,それはあなた,罪悪感の名残ですよ,と言われた時には
そうゆうことも,そうゆうヴァージョンの恋心もあるだろう,
とは思いつつ,それもそう。

お祭り好きの感性を発見してよりのちの人間性は,罪悪感で惚れるとゆうことの意味が,
まるで解らなくなって。

ブンガクに惚れるのでしょう,詩情に魅惑されるのでしょう。
この方が,魅惑される分のポエジーや,どんどん惚れてゆく芸術的な文言に対して,
少々のヤッカミや,眩惑を感じたにせよ,やはり転じてそれは,魅力に映るのだから。

アイスクリームを二個も食べてニコニコしてしまう風邪ひき習慣。
習慣にしてはみっともなく,けれどももう永続性まで感じてきてし…

栗の実に文章構成はありますか?と,問われ着る夕べにはチャンチャンコの

風邪を引いて,熱や頭痛を超えて,喉の腫れに到った時,それの
発破してしまわないように気を付けながら,ある意味,この正解。
イオン式加湿器を持って来て,寝室に置いて,まわしてみると,これ
呼吸も気にならずに出来るし,あまりにすがすがしく心地よかったので
眠れたはずのタイミングも目を開いて,黙想してしまったのだった。
風邪を引くと,迷惑をかけるモノだなあ。とか,身体が重たくなるのは
これは本当に,動けなくて辛いものだ。など,普段から怠け者で重病みたく
ロマンを追ってばかりいる事のそれとは比較にならない,やっぱり風邪って
痛いほど辛さの身に滲みるものだ。なので,加湿器を持ってきた途端に,
すっかり心地よくなって,いろいろと考えていた。今となっては,耳鳴りの
諸症状なのかもしれず,解らないなりにだけれど,小学生の後半あたりから
妙にヒステリックに右の側頭部に違和感を感じ,癇癪も酷くなってきた想い
のあって,暴力性の否定とか,スピリチュアルに哲学してゆく格好良く言えば
そうゆう思春期を過ごしてきて,暴力の否定。とゆうものに,焦点を向けてきた。

狐にはわるいのだけれど,狐憑きのようなモノ?とは,言っても自分の側頭部,
そうそう客観的にもなれなかった。そうして,昨晩は,そんな想いは,たぶん,
この辺りは,遺跡地帯,弥生のイザナミ文化に対して,ぼくは縄文ヒーリング。
男性性でゆきたいためか,縄文的にゆこう,そう決意した時だった。するする,と
耳の穴の開いて,何か出たと思ったら,それは,分泌液か何かだと推測するけれども
そんな縄文ヒーリング露知らず,ロマンも逃げて,一気に先ほどの事なのだけれど,
耳鳴りの諸症状とあとで枠づけては,そうゆうヒステリーは一応の解除を申し渡された
ところなのだった。

そうして,栗の実に文章構成はありますか?いまにもチャンチャンコを着ておもてに
でそうな感じのするこのフレーズに。今となっては,文章構成なんて,まっぴらゴメン!
ロマンも,『錠門=縄文の鍵を開く唯一の,堀辰雄ロマネスク』などと謳っていた,あの
イザナミもヒステリクスも飛び去ってしまって,お見舞いのチョコ・ミントアイスを頂き
ながら,あんまり甘いものを食べすぎたけど,あとで返ってきそうなこの糖分には,でも,
そんなアイスクリームの美味しい風邪ひき珍道中だった。今更ながら,心地よく耳も抜け
眠らず…

強靭な温かさ,その踊るテンポの。

表現するとゆうのは,ロゴスを造りだすこと。みんな, 何かを練り上げて発表するところに,ロゴスの誕生を, いたるところ,生命現象の産まれる強靭な温かさ,その 踊るテンポの。夜間に甘いものを欲する癖が付いていて, それに反して,ぼくはすべてを諦める癖を自分に見出す, 美味しそうな豆があるなあ,ブラジル&エチオピアかあ, 挽き立てならば,この感じは直感的に,絶対に美味い。 そう,感じているのにブラジルのほうはちょっと,搾取の (いいや,すべては搾取ならば,全てはインチキ,太宰曰く) なんだか辛い匂いのするような気のする。結果の所は諦めた。 珈琲はウチの温帯地域の文化には元々なかったじゃないか? 諦めが付かず,行為としては,たまに良い豆を手にして頂く, この貴重さの珈琲である,とゆう認識にもとづいて,ぼくは, もう追及して求めるところにはなし,きっと,ダーウィンの 進化論曰くの,首狩り人種より,諦めの宇宙民的人種になった? 結局,攻撃性より,敗北感に美を求めるあたり,これは,至って 普通のことならば,集団性と,都市化する民族性を進んで持って このままありのまま,蟻化してゆく民族なれば,ありていには, きっともうそのままの,エゴの抜けたサナギより蝶の誕生をみた, とゆうことにしておきたい。強靭な温かさは,エゴの抜けた蝶の, あの,立派な羽の色をした蝶の,そのロゴスの姿であり,そのなか には,攻撃性は含まれず,彼らは待って獲るスパイダーにあらず, そうして,堅牢な姿をした,野鳥の捕食反応にもあらず,なので ぼくらは,珈琲を呑むより(それは”豆の選択肢”をより選択する。) 甘いものを摂ろうと試みた。それさえも,天然の成分の飴をなめる。 それによって,なんだか不足している自分の,そういった気分の, 何らかの欠陥部分を,諦められそうなのだ。この先になにがあるのか, 先進性を求めず,先進的であることを諦める事こそ,先進性ならば, その先になにが待っているか,その先になにが待っているかを,待つ その姿の,スパイダーならば,待つことさえも,無意味なのだから。
しかしながら,ロゴスである蝶は,強靭な温かさ,その踊るテンポの。 甘い蜜をさがしてヒラヒラ舞わなければ,いいや,舞うようにしながら 風にまかせて,気分にまかせてヒラヒラしながら,甘い蜜をさがして 求めるのではなく。待つのでもなく。…