冷極と植物と業の流れ

熱湯を注いだドクダミ茶葉を氷〆にする。
植物は冷極に当たると,本来の生命現象の
あの双子反対宇宙にある生長力を取り戻す。

桃色から緑色へ,あの双子反対宇宙より。
だから,緑色の冷極にある業の流れの発端,
冷極にある緑色の反対宇宙から,一週間の
タイム・スケジュールを感情的に淹れられ。
そうゆう『双子反対宇宙』とゆうのは
”冷極と植物と業の流れ”。変化をもたらすのは,

そこまでに泉の湛える「明鏡止水」を眺める。
眺める泉の面にはそんなに求めるべくもない。
だから,”水”との付き合いと同じくして,業と
付き合っていこう。

熱湯を注いだドクダミ茶葉を氷〆にする。
植物は冷極に当たると,本来の生命現象の
あの双子反対宇宙にある生長力を取り戻す。

業に憑りつかれるとゆう,夜の反対宇宙と。
実は眠りの国の双子宇宙には『自由』なこんな
清澄なしずけさしかあたえられていない。
業の泉,植物発端とはだからやはり憑りつきでは
なくて『自由』なので,どれだけ目覚めの国には
『自由』は”冷極と植物と業の流れ”,こんな厄介者
に感じられるのかは敢えて言うまでもない。
だから”冷極と植物と業の流れ”,こんな『自由』。

本当の「目覚め」とは,物事をリアルにみるような
感情にとらわれない視点である,そう思うからこそ。
”眠りと冷極としずけさ”の”昼と陰影と太陽”の取次ぎを,
敢えてしてくれるのなら”業の泉”を眺める,水には何も,
要求しないし,髪を洗うし,涼しさをもらえるから,そんな
痛みや,鬱蒼とした想いや,失意の欠片を抱えているなら,
もうすぐ植物のように生長力は甦るだろう。

熱湯を注いだドクダミ茶葉を氷〆にする。
植物は冷極に当たると,本来の生命現象の
あの双子反対宇宙にある生長力を取り戻す。


コメント

こちらも如何?

発想する八艘。

たぶんとんでも。

月と,この星。

頭の回転=思考角質化。