5&18のミハイル・マナス

岡潔先生と小林秀雄さんの対談を猿股に炬燵姿で読みながら,

『ロダンは,地獄の門。
 ジオットは,イコン画。
 ウェルキンゲトリクスのガリア。
 ラブレーにガルガンチュア。そうして
 スウェーデンボリの霊界日記を読みながら,
 人間の第五要素と,繰り返して第18要素の重なる,あの
 彼らは,ミカエル大天使長なので,さあれ,大庭園に一輪挿しを,
 敢えてするなら,芍薬の長。』

こんな,三島のお家の写真集を眺めながら,第五惑星期にでもなれば,
通用するような話を,秘密の花園に薔薇の咲く,そんな姿の白亜亭。
耳からぷつぷつトーマス・マンの秘密のストーリーが抜けて行くような,
シルクロードの彷徨う黄砂のようなウコン・ストーリーを掲げてあるく,

黄ウコンの調理にやっぱり欠かせないのは,沢庵の大根堀りか。結局は,
そこに落ち着くのである,決して,サフランライスの代用品にでも,カレー・スープに
加えることに落ち着かせようなど勿体ないことにではなく,沢庵の漬方に使うのである。

ウコンは,第五要素のマナス。なますでもよいけれど,柿や,ナマコのそれらにも,
それで柚子はどこかしら?思わず,庭を見廻すのでもよいけれど,マナスは,ロダンら
ミカエル大天使長の遣いなので,天の使いの遣いとはよくわからないけれど,それが,
地球期の先,木星期ならば,まだ通用しそうなものだけれども,世の中は,まだ大蛇退治
彼らは,天の叢雲の三島を発掘しては太毅繁盛,血気盛んに意気揚々燦燦陽光の中を,
歩み寄ってくるのだろう,薔薇の咲く秘密の花園。

5&18のミハイル・マナスとは,いたってそうゆうものである。だからこそ,
大きな赤子岩のぶつかっては,衝突するその瞬間に桑実態になるような,そんな
身を開け放っては,快く,熱い日射線を浴びる,エンパス指向とゆう共感作用は
受け身の受容態であるごとく,非常に強いものである。角質化する皮膚と同様,また
その精神体も非常に強くなってゆく,その受容態であるごとく。そんな,だから

受け容れることの強さを知ろう。それはその時々,それぞれの状態でいただくあの,
黄ウコンのシルクロードである,春の一番に訪れる,陽光の中のスパイシー黄ウコンの,

岡潔先生と小林秀雄さんの対談を猿股に炬燵姿で読みながら,

『ロダンは,地獄の門。
 ジオットは,イコン画。
 ウェルキンゲトリクスのガリア。
 ラブレーにガルガンチュア。そうして
 スウェーデンボリの霊界日記を読みながら,
 人間の第五要素と,繰り返して第18要素の重なる,あの
 彼らは,ミカエル大天使長なので,さあれ,大庭園に一輪挿しを,
 敢えてするなら,芍薬の長。』

コメント

こちらも如何?

発想する八艘。

たぶんとんでも。

月と,この星。

頭の回転=思考角質化。