スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

ゴーヤのシャキシャキ・アカシアの雨の止む。

解ってしまえば,それまでだ。アカシアの雨の止む。本当は 沢庵をかじるようにして,ゴーヤのシャキシャキをつまむそんな。 例えば,織田信長=堀辰雄=嵯峨天皇=西郷隆盛=フビライ汗, そうして,平清盛像のいよいよ現われてきて,さあ,沢庵をまた かじるようにして,アカシアの雨の止む。織田氏の巫病めいた何か, この,ヴェールのように,R.シュタイナーのメルヘンを聴くように, 掻き燻る雨煙のような蒸せる何かのメルヘンを,その氏の薫陶より 聴いている。雲煙,こんな言葉さえも嵌ってゆきそうだ。そう何かの, 肺病に閉ざされて,何をか想う。雨煙も肺臓の中も何もかも良く似て。 いよいよのグルメは軒下にぶら垂がるゴーヤのチャンプルーを咳込み, 咳込みしながら頂く夏風邪の最中。雨も燻って,皿より湯気も揺蕩って, こうして,ぐぐっと,梅のエキスなどをウーロン茶で溶いて呑む心地。 こうだ,こうでなくっちゃあ,菜の花畑を,『草枕』の冒頭,茶屋まで 歩く,あの心地。山間の湯屋に着くまでは時間のかかるなれど,この旅程を 随分に楽しんで歩く心地。病は気から=”気は病”なれば。
この,肺病の転生譚を眺めるにつけ,自らそのテーマを持ち込んで本懐と, なしてゆくゆく道すがら,何がそのテーマなのだろう?この魂の,何をして 救いの神あらば,或いはまた転生を終えられる鍵なのだろう?こんな想像, 肺臓とは,やはり呼気を扱い吸気を求める,”自分のなかの他者”であるのは 例えようもなく違わないので,だから,他者の関わりとゆうテーマを扱って, ”犠牲”=無論,己を無にして人の役に立つ。このテーマを終えて,彼の願いは 終るのだ。何故,人の役に立つ,そんな願いを無意識下にまで持ったのか? 悼みや,優しさの追及,時には両刃の傷をもたらすような,その優しさ。では, 優しさ全般のテーマに往けば,彼の魂は救えそうな気もする。おこがましいので なかなか言えないのだけれど,自己放棄よりの,身魂的な入換え,こんな目的を 言えば,ウォーク・イン=たましいの交換の起きる時の,世間の抜本的な入替わり。 こんな目的性を,きっと肺病や,彼らの脱世間的趣味は伝えているのだろう。この 無我の起こす,魂の入替え,それじゃあ,もう大丈夫だ。何度,気絶放心して, この世の世情と四肢身体を入替えしたことだろう?今となっては,無我恬淡として, まさしく幸福以外…
最近の投稿

さかしらに祈るお寿司。

ロンドン旅行に恋の準備を必ずするのは,BEN RED。この, ロンドンの春は,TGVに乗って,英仏海峡を渡れば,終り。 そのまま,恋の終りではなくって,寒椿被る雪の風情を。 恋も終れば,インドの地に昇る太陽,それはkarmaと呼び。 灯台に吹き荒ぶ冬の嵐を憶い出せば,轟々と夜,燈す灯りに, ロマンチックなそれは,karmaに替る,心に太陽のぼる。
盆踊りをみて還る夜更けの路すがら,何故だかほっこり安心, 撮影隊で荷物持ち,踊るくらいは出来ない訳でも,いいや。 安心したのは,夏の過ぎる夜明けのような,脂肪溜の頭脳より それを餌にする蟲の神や,鰯の弔いから放たれたような,そんな 盆踊りに何故サークルを描いて廻る,夜になっては踊る,そうして。 この,波の曳けて行くような,さざ波のような踊りを繰り返す? すべて,渦潮に巻き込んで,陽性の季節は双子宇宙の裏の静かさ。
お盆の料理は,お惣菜にしても,とっても気品に溢れる物ばかり。 酸味の効いたフルーツ・オードブルから,お菓子のようなお寿司。 プラスチックの展示のようにみえる様々なネタは,シャリも含め, 実はしっとりとして,いつまで経っても新鮮だ。フルーツひと口, 揚げ物のオードブルを品定めしてみても,どれも慎ましやかで, 派手ではない。白っぽく,淡く,安心したのは,夏の過ぎる夜明けのような, 脂肪溜の頭脳よりそれを餌にする蟲の神や,鰯の弔いから放たれたような, そんな,死とゆうテーマは,詩情の振りしていつまでも師匠の影を, 落とし込むテーマは,『一息落ち着いていつも探しなさい。』
さかしらに祈るお寿司。こんな姿を,食した後のお腹のなかも,またして, 屈みながら摘む背広を脱いだ背中に感じるお盆の料理をあれこれ。帰省の 季節を感じる,夜更けに静かなPCの充電の音は,夏虫の囀りにも似て, 夜風涼しく,笛を吹けば,吹いているのは帽子を被ったお月様の陰で, そうだな,ひとごみと,高速道の黒い幻燈と,あるいは楽の音の祭りに, さかしらに祈るお寿司。お盆の最中には,インディアン・サンと,あの, ロンドン・スプリングの夢を,karmaの収束と,恋のおわりに見届けた。
ロンドン旅行に恋の準備を必ずするのは,BEN RED。この, ロンドンの春は,TGVに乗って,英仏海峡を渡れば,終り。 そのまま,恋の終りではなくって,寒椿被る雪の風情を。 恋も終れば,インドの地に昇…

美しさと貪婪さ,

世界の貪婪さ,開高健さんのバック・ペイン。この,カギを握る, 世界の貪婪さ,フィルターのなさの叫ばれて昨今ふかい瞑想時間, 世界の貪婪さ,この,カギを握る,受け容れるとはフィルターの。 美しさの理想は,限りなくフェミニンに,疑いもなくきらびやかに 美しさの理想は,道徳モラルの上でも,限りなくフェミニンに, 美しさの理想は,樹林に潜む陰の芳香を,どこまでも涼やかに。 疑いもなくきらびやかな理想と,昨今叫ばれて久しいフィルターの なさは,世界を含めて身体性の極致を顕す,それは美しさと貪婪さ, 美しさに誘われて神々しさにひざまづく夜更け,はては,健全さを 受け容れるとはフィルターのなさであるように,貪婪さを見詰める。 美しさだけでは,世界の三分の一で,貪婪さのみでも理想以外の三割。 まるで親離れするように,世界は手を放す,もつれた美しさによって。 そうして健全な精神は溌剌と精悍さを示すから,貪婪さはGrounding。
女性性と男性性なのか,美しさと貪婪さ,ホルモン的には解らないけれど。 男性は美しさを求め,女性は他方よりはなれて伺う,何だろう?この訝しく。 一方通行なのが世界のエナジーの方向性だ。上方より高度の降りた方へ,また 受容するフィルターのなさにとっては,健全さと言って辿り着いた最期の沼。 ここは菖蒲や,蓮の咲く悲恋な想いも乱れざき,閉鎖的な日常の悩みも多くは 上品な香りをもたらす不思議な所。ながれ付く先には,箸も漂う,世界を変える。 上方より降りた方へ,何故かしら健全さは大気上空には漂わない,羽ばたきせず, 蕭条バッタとゆう不可思議なメルヘンのように飛び跳ねて鳴いている,美しく。 梅とユリの時期も過ぎれば,蓮も咲き,枝豆ひとっつ,ぷいと飛ばせば,柿の種。 プラムも過ぎれば,桃の皮むき,ぷいと飛ばせば,メロンの根こぎで,お盆饅頭。 美しさの理想は,限りなくフェミニンに,疑いもなくきらびやかに 美しさの理想は,道徳モラルの上でも,限りなくフェミニンに, 美しさの理想は,樹林に潜む陰の芳香を,どこまでも涼やかに。 疑いもなくきらびやかな理想と,昨今叫ばれて久しいフィルターの なさは,世界を含めて身体性の極致を顕す,それは美しさと貪婪さ, お盆だ,お盆なのだ。帰省する方の身体性の光りと影は,祈らずには居られないもう, 初めて,高速のサービス・エリアで深夜帯の静かな影の車体を…

南国阿波パラダイス,

阿波踊りとゆうものを,観てきては,美しさに嘆息。まるで, 号泣したいのに泣けず,笑いをこらえたいのに洩れてくる,こんな。 まるで不可思議な恬淡とした感情を,美しさの静かさは覆っている。 瀬戸大橋のあたり坂出とゆう地名を眺めては,イザナギや大国主の 渡った,黄泉平坂を憶い出し,ウチのちかくにある夜見地方もそんな 語呂合わせで語られることのあるけれど,本当に南国阿波パラダイス。 こんなに天界極楽に親い所があるんだ~,もうまるで,心は暖かい, 一度は,疲れに眠りに落ちた車中,狸になった心地で,四国に受容れられ 珈琲のアイスブラックを頂きながら還る道すがら,いつでもオオナムチの 二度目の受難を受けても良い。”意識を失ってもいいから,楽しみたい。” こんな,古事記のなぞらえられ,南国のあの地を根の堅州国と置き換えて, スサノオはやっぱり優しい,そうして,スセリビメの踊る美しさに参って, ”意識を失ってもいいから,楽しみたい。”これもあながち嘘ではない,あの クラシカルで,ジャズやブルーズを感じさせる,ミュージカルのバラード的な 何だか野暮ったい言葉になるけれど,往時の今川義元になったような気持ちで, 阿波踊りとゆうものを,観てきては,美しさに嘆息。まるで, 号泣したいのに泣けず,笑いをこらえたいのに洩れてくる,こんな。
スイッチのオンになる瞬間,徹夜明けで,翌々朝に還ってくるとゆう強行軍にも, まるで堪えず,ハワイアンのトロピカル音楽などを聴きながらBlogを打つ心地, このまるで不可思議な恬淡とした感情を,美しさの静かさは覆っている。 瀬戸大橋のあたり坂出とゆう地名を眺めては,イザナギや大国主の 渡った,黄泉平坂を憶い出し,ウチのちかくにある夜見地方もそんな 語呂合わせで語られることのあるけれど,本当に南国阿波パラダイス。 こんなに天界極楽に親い所があるんだ~,もうまるで,心は暖かい, あの世に還る,その心地よさは暖かい,あの世とゆうのは,故郷であり,またもや このまるで不可思議な恬淡とした感情を,美しさの静かさは覆っている。 極楽恬淡南国阿波パラダイス,世情の世間世知辛く,今更悩みがちに平常の日常の, あの故郷も,還っては違って見える天国だ,これからしばらくは,天界の心地。 お盆,還ってこられる先祖様方のしてみれば,やっぱりあの世は天国だった。この, 水辺や山肌には行…

曖昧とストラグドブルグ。

野心とゆうものが,名誉利心にむけられるのではなく,ただ 闘志に,戦いに向かうホルモン的には男性性へ向けられるなら なお一層の事よい。struggle=ただ一心にモガくだけの事を, 曖昧に不安定な調子で,悶々と繰り返すこんな生活を,浪漫と。 闘志が猛々しく涌いてくる夜更けなどには,ただそれだけの事。 闘志だけを,ただ悶々と反芻しつつ闘志だけを味わっていたい。 この,静かな夜更けにstruggle=ただ一心にモガくだけの事を, 曖昧に不安定な調子で,悶々と繰り返すこんな生活を,浪漫と。 ただの浪漫と呼んでいたい。幸せで静かな夜だ。そうして,朝焼け の,静かさより小鳥の一声を聴くその瞬間だけ,それまで,ただ。 物音は闘志のゴトゴト,最初に嵌入を淹れる,闘志の初茹で。 僕は,字義の捻じ曲げと言われても良い。最初の印象よりの,あの 陶器にヒビの這入る,最初の貫入とゆうものを,あのヒビを,まるで 象嵌細工のように,嵌入と現したい。水晶も,大きな結晶とまでなれば, 水に浸すだけ,象嵌細工のような,シミの這入る。あれは,まるで, 貫入のようで,嵌入である,液体にもイノチを与えよう。大げさにも, 液体の成分にはイノチは宿る。
ホノ薄むらさきにひかっているようなそんな夜もあるものだ。手洗いに, ふと,夜明けごろ立ち上がって,階下ではガタゴトいつものように,誰も いないはずのキッチンなど鳴いているような気のする夜明けには,手洗いに さあ,出かけよう。大げさに立ち上がると,さては,ひかった。水晶の,あの 薄むらさきにボワアっと目指している,共に手洗いに出かけよう。すぐ降りて, キッチンよりも手前にある,階下直ぐの手洗いに。元来,祖父母の家だった, 父兄弟の生家でもあるこの家は,祖父の生前より居候しながら借りていた。そう, 祖父の亡くなったあと頃より,ほんとうに家の物音は減っていった。ガタゴトと。 もう,怖くなくなった頃とは言え,ほんとうに鎮護の鎮守の森ほども笹の生える, このお家の,祖父は神様にでも還っていったのだろうか?不謹慎ながら,ほんとうに 疑うわけではないのだけど,物音は実際にめっきり減って,鎮静化されていった。 ヒステリクスとゆうこのガタゴトとゆう物音にしたって,あるいは,物音の不審さ, それに継ぐ僕の闘志の顕れにしても,多分は,組織化された何らかの”美”の表現。 それ自体,…