投稿

豆乳は畑のお肉。

右手に,緑色の芥川の笛吹き貝を握るようにして,だんだん
削られて,それらも海に風化してゆく。残るのは波間のさざめき。
陽の光にも同化しなくなった,ロマネスクにも調和しないのは
人の異常心理を見続けて,やはり研究テーマよりも,祈りを,
知性の極致よりも感情の素潜りを選んだがため。ぽつ,ぽつと
祈りは雨粒のような調子をしながら地面まで届いてゆく,さあれ
もうすぐ地上につきそうな,そんな調子で降り切らない,とんだ
厄介者もいる。それは人間の姿で僕の生き写しなので,調子とは
言えば,やはり家の壺に這入ってしまって,身体を持たない,とんだ
はぐれ者の妖精さんを想像しては,やっぱり人間の下部組織とは言え,
胃腸を持つ,消化器官を抱くその四肢五体のどれほどに地上的で,その
Groundingしているものか,身体を持つとは,壺に這入った”壺中天”では
ない辺りの本当に美しく愛おしい。

身体のどよめきだって,それは貨幣制度の終わりにあるTowerの崩れる,
そんなざわつきにもよく似て,貨幣も消化器官と同じくして胃腸組織の
ようなありかたをしてれば,いずれ古くなることはあっても,古の知恵,
そうやって,崩れることはないのだろうに,経済制度?うん,いいや。

右手に,緑色の芥川の笛吹き貝を握るようにして,だんだん
削られて,それらも海に風化してゆく。残るのは波間のさざめき。
陽の光にも同化しなくなった,ロマネスクにも調和しないのは
人の異常心理を見続けて,やはり研究テーマよりも,祈りを,
知性の極致よりも感情の素潜りを選んだがため。

浮かび上がってくるのは,船藻とも呼ばれる,航海を経た知性なのか,
はたまた,生命のホムンクルス,新しき桑実態。誕生する息吹なのか,
それかもしくは,赤いあのなんだとか言ったな,護衛艦の見学の際,
波止場に浮いていたあのアカアシクラゲのような猛毒を帯びたやつ,
あんなたくましくスパイシーな存在なのか,そうあってほしくはない,
けれども,やっぱり大豆粉を練って,白湯と合わし,テンサイシュガーと
加えて呑んだような,非常に最近は,五分がゆから,出汁,豆乳で,
くつくつと煮込んだ豆乳リゾット風などに惹かれて,また味噌を加えれば
それは畑のお肉だ。動物性とゆう表現にどれほどの意味があるのか,訝しく
昨今は可逆的にまた,豆乳の植物性に垣間見る”畑のお肉”調理システムを

根本的に愛でゆこう。

アイデア,アイディール,プラトンのイデア。また, みんな愛を,呼称を,出逢いを表す,アイデア, アイディール,アイデア,プラトンのイデア。そう, ”土偶”さんの現れて,その白金たる燦燦と輝いて,その きらびやかな愛とゆうものを,例え今晩で忘れようとも, 根本的に愛でゆこう。
ジャマイカや,キューバン,ヘミングウェイの愛したのは, パパ・ダイキリだけではないのだろう。根本的に愛でゆこう。 だから,”ガルガンチュア”を描いた,ラブレーなどの皮肉相な 顔つきは,あのミカエルらしさの愛らしさも含んで,だから。 根本的に愛でゆこう。”土偶”さんの現れて,その白金たる燦燦と輝いて, そのきらびやかな愛とゆうものを,例え今晩で忘れようとも, 根本的に愛でゆこう。
プラトンは,ソクラテスの師を抱いて,何をか想ったのか?暖かい, ほのぼのとした,陽に囲われて,それが自分のイデアだったと知る。 自分の,とゆうのは剽窃的だ,そう問われて,亡骸から,一滴をまた, 興じたりもする,”興じる。”そう,”土偶”さんの現れて, その白金たる燦燦と輝いて,そのきらびやかな愛とゆうものを, 例え今晩で忘れようとも,根本的に愛でゆこう。
味噌は,白みそはアイスクリームにも使えるとする。何故かしら, 白いものは,白砂糖と。赤ザクロは,赤身のもの,と。茶柱は, 餡子と相伴に合っていたりもする,だから。”土偶”さんの現れて, その白金たる燦燦と輝いて,そのきらびやかな愛とゆうものを, 例え今晩で忘れようとも,根本的に愛でゆこう。
”土偶”さんの現れて, その白金たる燦燦と輝いて,そのきらびやかな愛とゆうものを, 例え今晩で忘れようとも,根本的に愛でゆこう。

根本的にひとつとは。

『根本的に,ひとつとは,  ロダン=ジョット=ウェルキンゲトリクス=フランソワ・ラブレー,  =スウェーデンボリの,ミカエル・アーサーキング・マーリン時代からの,  5&18のミハイル・マナス。カオスの時代から,いよよと以て,第五惑星の  訪れか。基本的に木星の訪れとはそうゆうものだ。』郵便受けに,こんな 置き描きを読む。ロダンの”地獄の門”は,ダンテの『神曲』からの,着想かぁ。 そんな,勉強をしている。平和の訪れに,第五惑星に訪れに,木星の来訪は, 5&18のミハイル・マナス。
平和は,得るものではなく,与えられるもの。 これが,シモーヌ・ヴェーユの語る,恩寵か。 そんな気がして,筆を折る。筆を折るのは, 格好の好い事と受け取られている節があるけれど, 画を描いてなくっても,筆を折りたい事があるだろう。 ”平和の訪れ”に。
平和の訪れる時には,何だか,恩寵,平和そのものの, ”与えられている”気分になる。”輝き”なのだろうか? その”徳”と言われる事も出来る”恩寵”は,何かの輝きにも 似て,以て非なるもの,それは確かに,温かい,必要とあれば ”眩しい”,そうして,また,恩寵は,密やかに行われる祝祭なのだ。
目の前に,”時間”以上の何か,得も言われぬ温かさの浮かんでいる。 それは,目をはなすと,常に温かさとして心の中に佇んでくれる,また 問いかけてみよう。”あなた自身,あなた自身。”確かに,『影』の論理は, 心理学に見受けられる,そうして,”光の論理”も,またあるのだろうか? それが,『影』を超えた”光”であるならば,『”私”』は,”一体,誰?”と, ”双子太陽”さんのような,”土偶”さんのような,そんな熱源体である。
あるいは,また雨の日に呑む豆乳オーレ。 またあるいは,あられの夜に頂く柚子かき餅。 そうして,ヨモギを蒸しては戴く,草団子の, タンポポの花を摘んで,食用菊をつまむ夜に, その熱源体は産まれてくる。そうやって,”土偶”さん, 早く,世界に希みを持って,出かけてよう。 ”The Hope”の絵のような世界でも,もう世界画家さんは, 筆を折りましたよ。そうやって,食用菊は,むしろ コンニャクのお造りに付けますから,安心してお上んなさい, スクワットをして,大地踏みしめ,階段のぼり, 玄関を出る。
『根本的に,ひとつとは,  ロダン=ジョット=ウェルキンゲ…

何とゆう,夜の不思議さ静謐さ。

アンチ・ソラチンとかゆう日焼け止めみたいなのが,昔は
あったって,誰かの対談集か,エッセイのようなもので見た,
そんな折り,『ソラチックに居るのならば,胃腸を快活に。』
そんな,メッセージを受けて,例えば,谷崎潤一郎,彼の悪魔主義,
自嘲,ソラチックに居るべきだ,そうして,神とは何か,善良では,
いいや決してない。業とゆう者と闘う,それが神なのだ。そんな,
こんなの自嘲自戒を繰り返してはいるけれど,例えば朝の祈りに,
平和の頂を,太陽の光に感じたりもする,あぁGroundingとは言え,
それはもう,情熱をいきることでしかない。そんなこんなを,思ったり。
そうして業と出会う。自らを取り巻く,業と。その群像彫刻のような,
もくもくと,暗雲タレ込む鬱蒼とした森の中を進むように,やっぱり,
Groundingとは,業と闘う。業と暮らす,そうして業と共にある。そう,
鬱蒼とした森の中を進むように,時おり白百合の匂いなんかがどこかから,
業と共にある,これこそが生きることのイわれでもあって,そうして,
だから,情熱=業=ソラチックに,これはやはり三位一体的な”生きる”べしの,
発想と親いものがあるので,ぼくらはまた,青汁を健康飲料として呑むように,

ただ,夏には水風呂に浸かる。浸かるのは電気代の省エネにつながるとは言え,
それが目的ではなかったのだけれど,決して心地よいものの外ではない。だから,
白百合の匂いがしてくる,日も陰タチ込めて,段々とアカネの色から暗くなってくる,
またも双子宇宙の入れ換え時,皆の引っ越し風景の始まる夜更けのやって来る。
業も自然にそれと共に生きていれば,それがいわゆる”省エネ”なのだと気づく,うん,
省エネに目的性があるかと言えば,やっぱりそれはケチ根性とゆうより,”省エネ”の
そのもの。ある時は使い,あるときは離れる。太陽と地上の関連をクマなく見れば,そう,
離れる夜更けにあって,もう人は”業”からも,”情熱”からも”ソラチック”からも,または
”祈り”や”平和”からもさえ離れてる。そうゆう”夜”を何と言ったか?それは,クマなくまた
調べれば,やっぱり”双子宇宙”の別の階層なのだからイタって平然と平和を生きればよい。






最遊次元は, 脳髄まで溢れてる

以前,人形焼=BAKED MASCOTTで個展をさせて頂いた折にも,
何故,~焼,とゆうネーミングは使われているのだろう,思いながら,
不可思議に首をひねって,展示をさせていただいたものだ。さっそく,
弟のイスキリ=弘法大師空海=九郎義経=坂本龍馬=太宰治氏の,せっかく,
私小説らしい『富岳百景』を,好んで読誦する,その妄想を楽しみながら,
ミカエル思考=虚体的妄想と,段々に情緒的発想を楽しみながら,さすらば,
またも,妖僧文観=チンギス汗=伊藤博文=岡潔先生の生れ変わりに親い,
そんな景色を愛でながら,また前者=今川義元の,そして後者=古田織部で,
今川焼とは,だから,京都の重鎮が,奈良への転生を繰り返す,そんな,
大ナムチ(ヤマタノオロチ)⇒大黒さん(サナト・クマラ)への転生を繰り返す,
焼かれていった,それはRED BEANS CAKE,紅豆餅=今川焼の姿なのだ,僕は
家の近くにある稲荷さんに,遠い歴史を挟んで,妖僧文観の墓であるような気のする
かつては後醍醐天皇も,あの大神山を臨んで,薄いお酒でも嗜んでいる,そんな姿を
ひたひた,と映る自らの顔に,ぽつ,と木の芽などが落ちて”あぁ,愉快。”こんな風

今日は,風疹のワクチンを接種受けたもので,何だか妙にハイなので,帰りに,
ウィンナー・デニッシュなどを買い込んで,うちカフェを楽しんでいる。その折,
ルビー・モレノ,アル・パチーノ,エリック・クラプトンのようなイタリアーノ,
ミラノ・コレクションのような発想しか思い当たらない自分をみて,あぁ,そうか。
いくら食べきれても,足りないのだ。もっと京都に戻りたい。なぜだか,ヤマタノオロチ
の彼の神さまはどこまで,どうしたって存在している。どうしたって,とゆうのは多分,
このままお風呂に浸かってしまえば,また一層のそんなインパシー,テンパり多分一層
ロマネスクな気分にもなるのだろう,ヤマタノオロチが自分の中に存在している,それは
誰だ?なんの自己同一性だろう,そうして京都に戻りたい。なんてゆうのは,だから。
いくら食べきれても,足りないのだ。一日中貼っていたガーゼのシールを,剥いでから
お風呂に浸かろう,そして木の芽を食べる新緑のシマリスのような心地で,それはもう,
京都に戻り,泉に浸かり,抗体に脳髄までひたろう。


5&18のミハイル・マナス

岡潔先生と小林秀雄さんの対談を猿股に炬燵姿で読みながら,

『ロダンは,地獄の門。
 ジオットは,イコン画。
 ウェルキンゲトリクスのガリア。
 ラブレーにガルガンチュア。そうして
 スウェーデンボリの霊界日記を読みながら,
 人間の第五要素と,繰り返して第18要素の重なる,あの
 彼らは,ミカエル大天使長なので,さあれ,大庭園に一輪挿しを,
 敢えてするなら,芍薬の長。』

こんな,三島のお家の写真集を眺めながら,第五惑星期にでもなれば,
通用するような話を,秘密の花園に薔薇の咲く,そんな姿の白亜亭。
耳からぷつぷつトーマス・マンの秘密のストーリーが抜けて行くような,
シルクロードの彷徨う黄砂のようなウコン・ストーリーを掲げてあるく,

黄ウコンの調理にやっぱり欠かせないのは,沢庵の大根堀りか。結局は,
そこに落ち着くのである,決して,サフランライスの代用品にでも,カレー・スープに
加えることに落ち着かせようなど勿体ないことにではなく,沢庵の漬方に使うのである。

ウコンは,第五要素のマナス。なますでもよいけれど,柿や,ナマコのそれらにも,
それで柚子はどこかしら?思わず,庭を見廻すのでもよいけれど,マナスは,ロダンら
ミカエル大天使長の遣いなので,天の使いの遣いとはよくわからないけれど,それが,
地球期の先,木星期ならば,まだ通用しそうなものだけれども,世の中は,まだ大蛇退治
彼らは,天の叢雲の三島を発掘しては太毅繁盛,血気盛んに意気揚々燦燦陽光の中を,
歩み寄ってくるのだろう,薔薇の咲く秘密の花園。

5&18のミハイル・マナスとは,いたってそうゆうものである。だからこそ,
大きな赤子岩のぶつかっては,衝突するその瞬間に桑実態になるような,そんな
身を開け放っては,快く,熱い日射線を浴びる,エンパス指向とゆう共感作用は
受け身の受容態であるごとく,非常に強いものである。角質化する皮膚と同様,また
その精神体も非常に強くなってゆく,その受容態であるごとく。そんな,だから

受け容れることの強さを知ろう。それはその時々,それぞれの状態でいただくあの,
黄ウコンのシルクロードである,春の一番に訪れる,陽光の中のスパイシー黄ウコンの,

岡潔先生と小林秀雄さんの対談を猿股に炬燵姿で読みながら,

『ロダンは,地獄の門。
 ジオットは,イコン画。
 ウェルキンゲトリクスのガリ…