スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

太陽に棲む祖霊に物申す、とゆう体験そのモノ

昨夜は、24cmの赤いホーローは、ひと玉の白菜で、豚肉を挟んでのミルフィーユ鍋とやら 家族4人で空っぽになった。そして、翌朝である。 まだ、空の鍋には、底に白菜の煮汁がたまって 僕は、細うどん、たまご、ポン酢で、簡単に 煮込んで、啜りあげていた。それは、体験。と 呼ばれる、生きる身体性そのモノだった。その 栄養失調に克己消耗される、思春期のハードさを ミルフィーユのように挟んで、また糖代謝を、いや 初めて、糖とゆう中身の体験をすることのできた 生きること、消化すること、酸化還元の美学を、 それら体験するモノの総称を、あえて糖代謝をして 代弁できるのなら、本当にそれは、体験された。 まるで、太陽の祖霊の中に活きて、課題とはあの 甘さを知悉する、甘受し享受される、糖のこと。
きっと、元より頭のセロトニンとやら、糖代謝の 基礎になる酵素を、僕は持って来なかったらしい のだった。なので、自家発電するセロトニン機構を、 あえて発生されるためのコツをのべるのならば、 一度、丹田あたりの神経叢に、アルコールなどの チョコレートロッソのような赤い血潮を充溢させる、 そんなイメージだろうか?血潮は充血し、それは チョコレートだ。太陽の祖霊はショコラロッソ。 溶岩ドームで仕立てられた温泉に浸かるように、 太陽の中にスッポリはまり込んでいる気持ちは、 暖かいとゆうより、ドキドキと動悸するセロトニンは 血潮のたぎることとは無関係ではない。やがて、 この沸騰するイメージの上で、モンスターのあの パッションは、なぜかしら、熱いアツすぎるその 火の神さまには、燃えること以外しらないのだから、 コミュニティの中では孤立するようで、悪くない、 水も蒸発するのを、燃焼するように、なぜキレるのか? これは、むしろ糖代謝の過ぎることと呼んでいい。 飛んでしまうアルコールに、その内の不安症は 訪れる。水のような還元と、火のような酸化には セロトニンのアルコール蒸留と、あとは、忘我に 何もかも失っては戻ってくる意識に、お水を飲む その暑熱と冷暗の繰り返しは必要なのだろう。
しばらく、燃えることを離れていて、糖代謝は 燃えることで、滝壺の龍は、昇れば太陽で、この チョコレート酒宴に参加して、やっぱり日常には カカオ豆の上昇気流にのることは、大事でもある のだった。なので、グレゴリアンチャントなどは そういった血潮の渦巻きを良く知っている。あの パッション。もうすぐ、タンニンや、カフェインを ポリ…
最近の投稿

無際限に再来する,ボンボンのウィスキー香味。

夜にファンタジーの裡に眠ることは,とても大事だ。そんな,
非日常にも親い,無の暗闇に這入りこんで眠る,これは大事。
それで,それの可能な実家リトリート期間のあいだに,僕は
昼間に自然観照に到るノスタルジーな過ごし方を理想とするより,
昼間の自然時間を消化するような,暇つぶしにエンタメを所望する,
この消耗性の時間消化の道程をへて,やがて,それは,アメノタヅクリ。
アナトール・フランスの地下掘削のように,現代神話性を見詰めては,
知悉する。これは,SchreierHarmonicと銘打って,彼の黒い森に棲む
ここはアルプスか何処かの麓に位置する,アーサー王の円卓のようにも
感じられ,それほど眠りの森ファンタジーは,とっても大事だったのだ。

ひとつは酔っぱらっていて窓越しにみる自分の笑顔は,漱石山人や太閤の,
また,バルタザアルやアウグストゥスの高いベルフォールの壁のようにも
感じられ,彼の笑顔は地下を掘削するまで,高い壁に囲われた呪いの宿だ。
要塞の黒い森影に覆われて,ようやく知悉するファンタジーの眠りにおいて
これは,バルタザアルを著した,アナトール・フランスにしか解けない謎だ。
なんて,要塞の壁,地下の開口をまた倫敦塔の呪詛を解く鍵になる,黒い森。
シュライアーハーモニック。何かのコードネームな感じで,僕はアナトール。

そうやって,芥川の侏儒の言葉の作者を,スサノオの傷より癒す,彼は天照の
岩戸開きを手伝う。アメノタヅクリアナトールにしか出来ない,おせちづくり。
想うに芥川は地下に潜りこんでいる。そうして,彼を掘り出さなければならない。
アナトールの趣味は,そういった,ヘロディヤはヘロデを想う,あの敬愛犠牲の
裡に,クライストのヴァン湖湖畔。アランソン公の晩年。クラウディウスのネロ。
僕は,ヘッセの聖母=ジャンヌのような存在に救われて,黒い森に還り,実家の
眠りに,モンスターと共に,その館の主人として,鍵をかける。それは岩戸開き。

無際限に再来する,ボンボンのウィスキー香味。PCのマウスの自失して,ランプ切れ
それでもお気に入りなので肝いりで全ての念を込めて,ひたすらBluetooth探知すれば
やがて,表示だけはされるけれど,認識はされないのだった。どうしても,このハンディを
克服したいのだ。それは,オリンピック商戦とゆうのはマクロコスモス的で,それらを
ミク…

知悉するファンタジー,珈琲のエクリチュール。

珈琲の風味と温度は,ちょうど,書き手の問題にエクリチュール。
ドイツパンに合うものが深煎りだとすれば,ファンタジーを知悉する
そのこと自体の考えることは指先で,例えばアンチテーゼをモノする。
昔に聴いていた音楽達は懐かしく,ノイローゼを経験する手前の選択など
本当に,愛おしい。トルストイや,プルースト,はてはアナトール・フランス。
僕は,ヘミングウェイの気分になったり,ヘッセやマンの素晴らしさに,また
ラブレーのガルガンチュアなどには,ミカエル天使のイメージなどを抱いたり,
ラッセルのハンス・カストルプのようにして,世界を跳梁したりする夢を見た。
夢のなかには地図がある。もうひとつの街は,明らかに,数々の相似点を見出させ
そうして,それは,いわゆる夢の地底世界か何かだろう,そこに眠りの際に訪ねる,
その心地のなかには,やっぱり僕は地上の住人である,知悉するファンタジー,
珈琲のエクリチュール。珈琲を頂いているときにはいつも夢のなかにいるのだから,
知悉するファンタジー,珈琲のエクリチュール。ポルターガイストに誘拐される際に
この夢への招待へ導くモノだろうけれど。確信はないが,この地上には核心があるので
革新的に,確信に触れることもないだろう。ようやく,夢と地上を区別することは出来る。
珈琲の呑み方を,ファンタジックに夢想する趣味はステキだろう,基本的には,極細引の
パウダーのようなドリップで出来たエスプレッソみたいなのには,濃い豆乳など淹れる
心地は,いまだかつて古いようで新しい。なんで,ドーナッツや,マドレーヌみたいなの
には,ブラウンエールのような,デニッシュのキャラメルマーブルのような,あんな濃い
不可思議な温かみの響くのだろう?身体中の瓦解した気分を味わった後に身体中のパキッと
痙攣するような感じは,ものの見事に,疲れを顕しているので,そこをマーブルなブラウン
オニオンシチューみたいな感じで,すぐ癒してしまおう。二年ぐらいは,その考え癖とは
付き合ってきて,こんな珈琲の濃さに,ブラウンマーブルまで行き着いて,ようやく終わり
そうです,この知悉するファンタジー,珈琲のエクリチュール。

お茶を使って,珈琲ドリップすることも,若干ながら過ぎてゆきそうです,これは
意外と水道水の旨さに気づいたが故の効果で,なぜかしら1,2週間は,こうやって
水道水などに落着いても…

三四五郎の、元祖福とのラビリンス。

ウチには、内猫の福チャンと次に三四郎くん、半分外猫の四史郎チャン雌と、完全外猫ボスのゴローくんの、 4匹の飼い猫たちとの実家暮らしが体験できるのです。 中でも、リバウンドして、ノラから四ちゃんと呼ばれるように 釣り目の四史郎くんメスの彼女は、そのまま見た目のオス猫の ようで引き継いだ名前を元に、よんちゃん、よんちゃんと クラシックタビーなんかの雑種と聞くのですが、いちばん 穏やからしいのです。福チャンは、フジ猫とゆうのか、少し 神経質で綺麗な、三四郎はキジ白のハーモニックなボーイ。 ゴローは、馴れ馴れしくも愛想を良くする術に長けた地域の ボスであって、それで、よんちゃんに至っては、リトルミイとか トッポジージョとネズミの名前を付けられて、やっぱり いちばん、穏やかで、さらに、小鳥みたいなキャッキャと鳴いて、 それに、釣り目のタビー種とゆうのが、ポジション的には リバウンドして、さらにゆかしくゆくゆく内猫に抜擢となる故も なかなかの想像に難くないあたり、四史郎ちゃんでメスで、釣り目の リバウンドタビーとゆうところは愛らしさ満点のよんちゃんです。 と、いったところで、 意味を持って、名前を付ければ、そこに隙間の空いて、名句は 産まれないモノである。意義を持って、行こうとするなら、 隙のない、一瞬転じて次の一瞬点に向かうあたりの、呆然と 時間のすぎてゆくのが、当然の陶然の、こんな感じで名付けるのを 良い追憶として、歴史を遡られる印象と親いものとして、 いまも、三ちゃんオスのハーモニックボーイは、ヒザの間に遣って 来て、そんな時折に、太宰=独眼竜=龍馬のような、三者の陰に 彼ら、ゴールデンクリスチャニティの、貴族的牧歌風情を見詰めて、 いちばんホリデー賛美歌などに適した、そうゆう黄金貴族的な ワルターの田園交響曲や、ベネディクト会のグレゴリオ聖歌など、 例えば、過去には 思春期に、若きウェルテルや、道徳形而上学原論、または ショーペンハウエルの読書についてエッセイなど、あと。 いつも、それだけ憶い出せないと言った、読書感想文用の 四冊目は、あれは、コペルニクスの天体の回転について、だった。 若きウェルテルだけ、親友のいいなづけとゆう三角関係に悩んで あの貴族ロマネスクに照らされて、ブランデンブルク協奏曲や、 英雄交響曲に、40番と41番のモーツァルトを聴きながら、今更 こんな、選び方をできた、自分の真面目さに、忠誠心をもって よくぞ遊ばずに、…

ブタコパスタなるモノを造って一宿一飯の恩義。

問題は、ここで何故、豚肉とタコの合わせ方で
アラビアータを造りたい、と決意したのか? 遊びからは、逃れられない。何もない、時こその 静寂なのです、なので、何かあるのが、日常ならば、 意味や遊びからは、意識のある以上、逃れられない。 なので、ブタコパスタを造ってみたのだった。 栄養満点でしょう。元気になるでしょう?そんな 勢いをつけてゆく感じは、悪くなかったのだ。

ニンニクを、三片。白ネギ二本。オリーブ油で炒めて、 その間に、タコをカット・イン!この際に、もう塩胡椒と醤油を、 下味に加えてしまう、グツグツする醤油鍋に、豚肉&鷹の爪。 僕は、具に濃い味の付いているのが好きなので、 多少の熱が通れば、後は、ここで、お酒と烏龍茶タップリを、 臭み取りにて,ひと煮立ち。そうして、ダイスカットのトマトを入れて、 煮込んでいる。申し訳ないのですが、ペンネブタコアラビアータの 体で遣っているので、もう、煮込む間に、パスタも茹でて ソースに絡めてしまいます、あとで食べる方も、その方が 伸びより、ソースの絡みの優先度高くして、美味しく 召し上がられるはず、この賭けをして、夕食にも残るかな? ペンネは、ふた袋用意しています。一宿一飯の恩義にて、 ブタコの遊びを試されて、しばし、静寂のひと時を過ごされたい。 ペンネを、ふた袋も茹でられる際には、オリーブ油少々を 垂らしておくと、すぐに団子に堅まってしまうのを避け、
これは裏技で、とある、大量茹での時に教えてもらいました。

例えば、ポルターガイスト・エスケイプの
ペンネ・ブタコ・アラビアータを、 間違えて、下味に,だし醤油など、使ってしまって、
タコの旨味なのか、はて、どうなのか?
わからない時に、
多分、白ネギと海鮮の,また
烏龍茶による豚肉のミンチの出汁なのだ、
と豪語できるように。

今日は、久しぶりに、お茶を実家で沸かしたのだった。そういえば、 半年程前まで、血糖値が高いので、と処方されていた薬があって 僕は、もう途方に暮れて、1年間通いながら、半年程前に止めて、 ひたすら、体重をキープしながら、このKARMA SPRINGに表現して 腸活だの、烏龍茶ドリップ珈琲など、さまざまアイデアを草案して 好い気になっていたものだった。そこで、この際に、と。 先日、採血の機会を、医大にて持った時には、さてなあ。とは 言えども、天高く馬肥ゆる、この、体重…